PR

ブルーモーメント第4話ネタバレあらすじと感想!雲田彩の過去に隠された真実とは何か?

ブルーモーメント第4話ネタバレあらすじ! ドラマ

山下智久さん主演の『ブルーモーメント』は、小沢かなさんによる漫画作品が原作のドラマとなっています。

気象予報士の晴原柑九朗が、SDM(特別災害対策本部)を率いて、自然災害から人々を守るストーリーですね。

前話のあらすじネタバレでは、脳外科医の汐見早霧がSDMに加入し、医療班統括責任者に就任しました。

ラストシーンにおいて、「5年前の関東南部豪雨にて灯の行動によって多くの命が奪われた」という週刊誌の記事が出ることが判明しましたね。

そして、灯の死に関わった黒幕がいるということも明かされました。

突然のサスペンス要素に、SNSでは「政治がらみなのか?」「どんな事件が隠されているのか」といった感想で盛り上がっていたようです。

続くブルーモーメント第4話では、雲田彩の過去が明らかになります。

5月15日放送の第4話について、あらすじとネタバレ・感想を紹介していきますね。

 

ブルーモーメント第4話ネタバレ

ここからは、ブルーモーメント第4話のネタバレを紹介していきます。

 

SDMの存在意義を広めるために広報活動へ

晴原の婚約者だった灯について、週刊誌の記事が出ました。

5年前の関東南部豪雨で、彼女のミスによって多くの犠牲者が出てしまい、そして灯は一人で現場から離れてしまったという内容の記事です。

この記事の真偽は不明ですが、政界ではSDMの反対派が騒いでいるため、それらを黙らせるためにもSDMの存在意義を広める必要が出てきました。

そのために、晴原たちは独自の防災活動で市民にアピールすることにします。

最初の防災活動の舞台となるのは千葉県華原市で、半年前に大型台風の被害に遭ってしまった地域のため、子供たちに対する防災教育を行うことに。

災害で心に傷を負った子供たちのケアと、今後の防災に向けての教育などが目的となっています。

実は華原市は、雲田彩の地元だということが明かされました。

3年前に彩の姉がつむじ風で倒れたクレーンの下敷きとなり、車椅子生活となっていたのです。

それ以降、姉は自分の状況に絶望して彩に八つ当たりしたり、彩も自分だけ助かってしまった罪悪感から姉妹関係はギクシャクしたものになっています。

姉は生きがいだった小学校の教師の仕事もできなくなり、彩はそんな姉をサポートしたいけども、どうすれば良いのかわからないのでした。

 

台風で被災した少女のトラウマ

防災教育の当日、千葉県華原市に到着したSDMメンバーたち。

お天気お兄さんとして有名な晴原は、子供たちからも大人気で「ハルカン!」と黄色い声援を受けています。

そこに市役所の職員がやってきますが、彩の姉もその職員の一人として車椅子でやってきました。

晴原が子供たちに防災授業を行った中に、10歳の少女・迫田実花と幼馴染の根岸航平も参加しています。

航平は虹が二重にかかる「ダブルレインボー」を見たいと言い出し、実花にも話を振りますが、彼女は怒って出ていってしまいました。

ダブルレインボーとは特殊な条件下でしか出てこない虹で、それを見ると願い事が叶うとされています。

実は、実花の祖父は半年前の台風で亡くなっており、一緒にダブルレインボーを見る約束をしていたのです。

実花は祖父の死にショックを受けて来週には引っ越す予定だったため、航平はそれまでにダブルレインボーを見せてあげたいと思っていました。

祖父との思い出が詰まった場所で生活するのは辛いので、別の場所で生活を始めてリセットしたかったのでしょう。

その様子を見ていた彩は、実花を励ましてあげようと、彼女が持っていた兎のぬいぐるみを修理してあげます。

しかし、ぬいぐるみを受け取った実花は、亡くなった祖父を思い出してPTSDになってしまい過呼吸の症状が出てしまいました。

好意が空回りしてしまった彩に対し、SDMドライバーの丸山ひかるは、「必要以上なおせっかいは止めたほうがいい」と苦言を呈します。

それに晴原も同調し、彩は落ち込んでしまいました。

じゃんぐ郎
じゃんぐ郎

彩は困っている人を見ると助けてあげたい性格なのですが、過剰すぎておせっかいになってしまうことが多いようです。

 

空回りする彩を見て、SDMのメンバーも少し引いています。

 

SDMの正式運用は見送られることに

一方、霞が関では、園部大臣や立花大臣などが灯の記事について会議を行っています。

立花大臣は、灯が気象研究所の研究員だと名乗ってミスをしたことを問題視しました。

世間から気象研究所への風当たりが強くなりますし、下手をすると国政批判されることにつながる状況だからですね。

そこで、立花大臣は父親の園部大臣が記事を握りつぶしたのではないかと疑いました。

もちろん園部大臣は否定しますが、その場は重苦しい雰囲気に。

事態を重く見た大臣たちは、当面の間SDMの正式運用を見送ることを決定します。

会議の終了後、立花大臣はSDMに新メンバーを加入させると告げ、その人物が記事をもみ消した犯人を明らかにしてくれると言いました。

 

華原市に巨大台風が迫る

翌日、実花を傷つけてしまったことを反省した彩は、どうすれば良いか晴原に相談を持ちかけます。

そこで晴原は、「自分が正しいと思う道を貫けるかどうか」だと伝え、おせっかいでも100回続けば愛情だとアドバイスしました。

自分のやるべきことが明らかになった様子の彩は、何か吹っ切れた表情になります。

その直後、危険予測プログラムが発動し、台風の進路が急変してこちらに迫ってくるという知らせが。

晴原の解析により1時間後に竜巻が発生する事が判明したため、SDMのメンバーたちは子供たちを避難させるために動き始めました。

テレビ中継で住民に避難を呼びかけることになり、実際に被災したことのある彩が生放送で実体験を語りながら避難指示を行います。

迅速な避難指示の結果、大きな被害もなく竜巻をやり過ごすことができました。

 

彩の決意と姉との和解

防災授業の後、晴原はダブルレインボーの出現場所を特定しており、子供たちを連れて見に行きます。

彩は姉に対し「これからもずっとお姉ちゃんを支え続ける」と伝えて、姉も少しずつ前に進むことを決意し姉妹関係は改善されました。

じゃんぐ郎
じゃんぐ郎

晴原から「自分が正しいと思う道を貫けるかどうか」というアドバイスを受け、彩は吹っ切れたのでしょう。

 

おせっかいと思われても、徹底的にサポートし続ける道を選んだようです。

 

SDMの新メンバーは意外な人材

第4話のラストでは、SDMに新加入するメンバーが明かされます。

機動隊や救助隊のキャリアを持つ沢渡満で、なんと立花大臣の夫でした。

沢渡は街で晴原に声をかけ自己紹介をしますが、灯の記事に関心を持っていることを伝えます。

5年前に灯が危険区域に向かっているとき、救助隊として止めようとしていたのが沢渡で、灯の姿を最後に見た人間なのでした。

沢渡の加入によってSDMがどの様になるのか、不穏な空気が立ち込めます。

じゃんぐ郎
じゃんぐ郎

灯の氏のキッカケがわかるかもしれませんし、ここからストーリーが大きく動き出しそうな予感がしますね。

 

誰かの指示で灯が危険区域に向かったのだとすれば、真犯人が誰なのか気になります。

 

ブルーモーメント第4話の感想と考察

ブルーモーメント第4話は、雲田彩の過去が明かされるという回でした。

3年前のつむじ風による事故で、自分の姉が目の前で事故に遭ってしまい、罪悪感を感じていた彩は自信を持って自分のやりたいことができなくなります。

姉は教師の仕事を辞めることになったわけですし、自分が呑気にやりたいことをやるのは申し訳ないと感じていたからですね。

冒頭で自暴自棄になった姉が、「何で彩じゃなくて私なの?」と叫ぶシーンがありましたが、この言葉にはかなりショックを受けたはずです。

姉も本心ではなかったのだと思いますが、こんな言葉を聞いてしまったら普通の精神状態ではいられません。

晴原から「自分が正しいと思う道を貫けるかどうか」というアドバイスを受けた彩は、しっかりと姉と向き合うことを決意して姉妹関係は改善されています。

この回で彩はかなり成長したはずですし、今後はSDMのメンバーとして実力をつけていきそうな気がしますね。

 

灯の死の謎は何なのか?

SDMに新しく加入した沢渡満の登場で、灯の死の謎が解明されそうです。

沢渡は死の直前の灯の姿を目撃していましたし、なぜ灯が危険区域に向かったのかが分かるかもしれません。

記事をもみ消した黒幕の存在もあるので、これから物語が一気に進展しそうな気がします。

現時点では沢渡が敵か味方か分かりませんが、SDMの活動がどうなるのか楽しみですね。

 

ブルーモーメント第4話あらすじ!

SDM 気象班統括責任者・晴原柑九朗(山下智久)の今は亡き婚約者で、SDMの考案者である気象研究所研究官の園部灯(本田翼)。5年前、関東南部豪雨において、彼女の避難指示により多くの命が失われたという週刊誌の記事が出た。

晴原たちは世間にSDMの存在意義を広めるため、SDM独自の防災活動を始める。

子供たちへの防災教育のため、半年前に台風の被災があった地域へ向かうSDMメンバー。しかしそこは、雲田彩(出口夏希)の地元であり、彩の姉・雲田真紀(石井杏奈)が市役所の市民生活課担当者として現れた。彼女は彩と共に3年前につむじ風によって被災し、その後車椅子生活を送っていたが、彩は自分だけ無事だったことで姉と気まずい関係にあった。

子供たちの中には、半年前の台風によって祖父を亡くした経験を持つ10歳の少女・迫田実花と彼女を気遣う幼馴染の根岸航平の姿があった。

彩は実花の為に何かしてあげたいと、実花の持っていたボタンが取れ掛けのぬいぐるみを直してあげる。

しかしその行動が原因で被災当時の状況がフラッシュバックし過呼吸になってしまう実花。

空回ってしまう彩は、どうしていいかわからない感情を晴原に相談する。

そんな中、晴原の解析により台風の影響でこの地域に危険が迫っていることが判明する。避難指示を早急に出すよう要請し、地元テレビ局の協力により、SDMが中継で注意喚起をすることになった。

「被災を経験している自分が危機を知らせるのが一番効果的」

彩は忘れたい過去と対峙し中継に出演することを志願するが…。

引用:ブルーモーメント公式

 

雲田彩の過去に隠された秘密とは?

雲田彩は、3年前の強風による事故で、姉が大怪我を負って下半身不随となっています。

駅前で姉と待ち合わせをしていたときに、強風に煽られてクレーンが倒れて姉が下敷きになってしまったのです。

姉の事故を目の前で目撃していたため、それがトラウマになっているわけですね。

自然災害による事故で家族が傷ついてしまったことで、SDMに加入することになったのも運命だったのかもしれません。

ちなみに、雲田彩は人の命を救うために気象を勉強することが自分がSDMにいる理由だと語っており、今後の成長が期待される人材です。

SDMの中心となるためには、過去のトラウマを克服することは不可欠でしょうし、この第4話の内容は雲田彩の今後に重要な回となると思われます。

 

SDMのメンバーは過去のトラウマを抱えるものばかり

対策本部車のドライバー丸山ひかるも災害遺児であり、SDMに配属された人材は自然災害に縁のある人間が多くなっていますね。

具体的に何があったのかは語られていませんが、今後のストーリーで明らかになるかもしれません。

チーフの晴原柑九朗や医療班の汐見早霧なども過去にトラウマを抱えており、現時点でSDMで暗い過去がないのは情報班の山形広暉だけです。

明るいお調子者キャラクターなので悩みなどはなさそうですが、物語の後半で何かが判明するかもしれませんね。

 

まとめ

以上、「ブルーモーメント第4話ネタバレあらすじと感想!雲田彩の過去に隠された真実とは何か?」でした。

ブルーモーメント第4話では、晴原の助手である雲田彩の過去が明らかになっています。

あらすじとしては、彩は3年前の強風による事故で姉が下半身不随になったトラウマを抱えていましたが、災害救助活動を通して姉と向き合って関係を修復するという内容です。

ネタバレすると、最終的には姉と和解することになったため、彩が一段と成長していますね。

晴原も真っ直ぐな彩に対して灯を重ねていそうですし、この2人が結ばれるという結末もあるかもといった感想を持ちました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました