PR

ブルーモーメント第5話ネタバレあらすじと感想!SDMに加入した沢渡満の目的は何か?

ブルーモーメント第5話ネタバレあらすじと感想! ドラマ

前話では、雲田彩の姉との過去が明らかになり、自然災害による事故で障害を負ってしまった姉との確執が描かれました。

彩は自分の意志を貫き通すことを決意して、姉との関係性を修復することに成功しましたね。

そして、5月22日放送のブルーモーメント第5話あらすじでは、SDMに新メンバーとして総務大臣・立花藍の夫である沢渡満が加入してきます。

沢渡は元警察官であり、5年前の豪雨で灯が危険地帯へ走っていくのを目撃していました。

彼の加入によって、SDMはどのようになっていくのでしょうか?

ブルーモーメント第5話について、あらすじとネタバレ、感想を紹介していきます。

ネタバレが嫌いな方は、視聴後に感想などを見てください。

 

ブルーモーメント第5話あらすじ!

ブルーモーメントのあらすじから、展開を予想していきたいと思います。

第5話のあらすじは、以下のとおりです。

総務大臣・立花藍(真矢ミキ)の夫で警察官の沢渡満(橋本じゅん)が、園部灯(本田翼)の生きている最後の姿を見たと晴原柑九朗(山下智久)に声をかけてきた。そして、「自分と妻は灯の行動によって人生を狂わされた」という謎の言葉も残して……。

その沢渡が立花の推薦でSDM警察班統括責任者として配属されてくる。沢渡は、自分はSDMの問題を炙り出し、SDM自体を潰す「スパイ」だと隠す素振りもなく飄々とメンバーに伝えるのだった。

そんな中、晴原が巨大な雹(ひょう)が2時間以内に降る兆候を捉え、SDMが出動する。

現場に到着し、市の防災危機管理課・畑中大輔に話を聞くと、畑中含め市民に危険性が伝わっておらず初動ミスを指摘する沢渡。雹が降るまで時間がない中、避難誘導と市民の行動予測を的確に無線で指示をする沢渡に対し驚く他メンバーだったが、要避難エリアに住む妊婦の矢崎里沙(木﨑ゆりあ)が雹に当たり重傷という連絡が入る。

さらに降り注いだ雹の影響で地域一帯が濃霧に包まれ、それにより車両誘導中だった畑中が事故に遭い危険な状態に。二人ともすぐに病院で処置を受ける必要がある中、両方救おうとせず一人を確実に助けることを優先するべきだと晴原に伝える沢渡。果たして、晴原の決断は…。

引用:ブルーモーメント公式

 

立花藍と沢渡満は灯に人生を狂わされた?

第5話のあらすじでは、沢渡満が晴原に対して「灯のせいで自分たち夫婦は人生を狂わされた」と発言しています。

婚約者だった晴原に伝えるということは、相当な恨みを持っていることがわかりますね。

灯は気象研究所の研究館だったので、警察の沢渡や政治家の立花とは面識はなかった可能性が高いです。

なので、灯が直接的に何か被害をもたらしたのではなく、間接的な何かがあったのだと考えるのが自然だと思います。

5年前の関東南部豪雨で危険地帯へ入っていった灯の行動が、何らかの影響を与えているのでしょう。

灯の姿を最後に見た沢渡は、灯を止められなかったことに対して責任を取らされてしまったのかもしれません。

同じように、立花大臣も豪雨でたくさんの被害が出てしまったため、そのせいでキャリアに傷がついてしまったということが考えられます。

それで今後の出世に影響があったのだとすれば、「灯に人生を狂わされた」という説明も納得できますよね。

 

沢渡がSDMに入った本当の目的は何か?

沢渡をSDMに推薦したのは、妻である総務省の立花大臣です。

立花から何かの命を受けてSDMに加入していることは確実で、灯の死に関係している事柄なのだと思われます。

SDMの発足を考案したのは灯ですし、組織の粗探しをして潰すつもりなのかもしれません。

統括しているのは灯の父親の園部大臣で立花大臣のライバルですし、立花大臣からするとSDMを潰すことでメリットは大いにあります。

園部大臣が失脚することがあれば、自分が女性初の総理大臣へと近づくからです。

組織の内部に異分子が入ってくるとなると、SDMとしては厄介な状況となりますから、晴原にとっては気が気でないでしょうね。

SDMのメンバーは、過去にトラウマを持つ人が多いですが、それを克服して前に進み出しています。

灯のいとこである園部優吾は、消防班チーフの佐竹が遭難した際に勇敢に救助を行い、晴原との信頼関係も強くなり現在では消防班のチーフです。

脳外科医の汐見早霧は右手の怪我でオペができなくなってしまうも、絶望の中から自分にできることは何かを見出してSDMの医療班チーフに抜擢されました。

新人の雲田彩も、最初は無愛想な晴原のことを嫌っていましたが、天才的な気象予測に憧れてSDMの助手として頭角を現してきています。

このように、メンバーがしっかりと成長してきているので、この組織が壊れてしまうとなると晴原としては許容できないでしょう。

SDMの壊滅を目論む沢渡と、どのように対抗していくのかが注目です。

 

重症の市民を救うことができるのか?

ブルーモーメント第5話では、街に巨大な雹が降り注ぐという災害が起きます。

晴原は2時間前に気づいて避難指示を出しますが、市の連携がうまく取れておらず避難が進んでいません。

その結果、妊婦の女性に雹が直撃して重症を負ってしまい、市の防災担当者も事故に遭って大怪我を負ってしまいます。

SDMの沢渡は、両方を助けるのは無理だと判断し、どちらか一方を助けようとするというのが大まかなあらすじです。

毎回のように自然災害で怪我人が出るのですが、今回は命の危険がある中でどちらを救うべきかを判断するシリアスな展開となる感じですね。

晴原の性格であれば、両方とも助けるのだと思われます。

どんなときにも人命を最優先する性格なので、救わないという選択肢はないはずです。

第2話で消防班の元チーフの佐竹が崖から転落したときも、優吾は見捨てようとしましたが晴原はなんとか助けようとしていました。

風が止んだタイミングで優吾に救助させ、心肺停止だった佐竹をその場で心臓マッサージするように助言しています。

どんな場面でも命を救うことに全力な晴原なので、今回も怪我をした2人をしっかりと救ってくれると思いますね。

 

灯の記事をもみ消した人物は誰なのか?

5年前の関東南部豪雨の際、灯の身勝手な行動によって多くの命が奪われたとされています。

灯は公民館で避難者に待機するように指示を出しましたが、自分は一人で危険区域に向かっていき亡くなってしまいました。

何のために危険区域に向かったのかは不明で、誰かを助けるためか、何か物を取りに行ったのかもしれません。

いずれにせよ、待機した避難者は亡くなってしまうことになり、灯の責任だとされていますね。

それをマスコミが嗅ぎつけて記事にする予定でしたが、何者かによってもみ消されてしまいました。

灯の父親である特命担当大臣・園部肇一の仕業と思われていましたが、実際にはそうではなかったことが判明しています。

このことから、何者かの指示によって灯は危険区域に行った可能性があり、その人物がマスコミの記事をもみ消した可能性が高いですね。

かなりの権力者であることは間違いないですし、現時点では総務大臣の立花藍が怪しいと思われます。

 

ブルーモーメント第5話ネタバレ

5月22日の放送終了後、追記いたします。

 

ブルーモーメント第5話の感想と考察

5月22日の放送終了後、追記いたします。

 

まとめ

以上、「ブルーモーメント第5話ネタバレあらすじと感想!SDMに加入した沢渡満の目的は何か?」でした。

ブルーモーメント第5話あらすじでは、強大な雹が街を襲うといった内容で、複数の怪我人が出てしまいます。

命が危ない2名のうち、どちらを助けるかという決断を迫られるのですが、晴原がどのような選択をするのかが注目です。

具体的なネタバレと感想については、第5話の放送が終わり次第、追記したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました