PR

葬送のフリーレンのエーレの祖父はレルネン!おじいちゃんとの関係も解説

葬送のフリーレンのエーレの祖父はレルネン アニメ

エーレは、葬送のフリーレンの一級試験編で登場した女の子の二級魔法使いです。

一次試験でフェルンと戦ったときに、最も強いと言われたようにかなりの実力者だと思われます。

そんなエーレですが、祖父は一級魔法使いのレルネンであるという噂がありますね。

ゼーリエの弟子がおじいちゃんであればかなりのエリートですし、実はもの凄い女の子なのかもしれません。

葬送のフリーレン・エーレの祖父はレルネンなのか、おじいちゃんとの関係について調べてみました。

 

葬送のフリーレンのエーレの祖父はレルネン!

登場シーンが少なくあまり目立たないエーレですが、実はものすごいエリート家系のお嬢様でした。

ここからは、エーレの知られざる実態を紹介します。

 

エーレはエリート魔法使いの一族か

エーレは一級試験に登場した二級魔法使いの女の子で、一次試験ではヴィアベルやシャルフと一緒のグループでした。

セミロングの明るい髪で華奢な体型ですが、「石を弾丸に変える魔法」というパワフルな技を得意としています。

魔法学園をトップで卒業するほどの秀才で、まだ10代くらいと思われますが二級の資格を持っていますね。

そこまで優れている理由としては、レルネンの孫であるからだと思われます。

レルネンは一級魔法使いですし、その孫だとすれば魔法学校をトップで卒業したのも、二級資格を持っているのも納得でしょう。

エーレの祖父がレルネンだとする根拠は、本人が「一級魔法使いの祖父がいる」と言ったためです。

一次試験でフェルンたちの第4パーティーに敗れた際、船で帰るのが嫌だと言ったヴィアベルに、陸路で帰れるように祖父を紹介すると言ったのですね。

また試験終了後に、ヴィアベルとシャルフにレルネンを紹介するシーンも描かれています。

レルネンが祖父だとすれば両親も優れた魔法使いである可能性が高く、エーレはエリート一族の家系だと考えて間違いありません。

 

エーレはレルネンの孫だが試験に落ちる

レルネンはゼーリエの弟子であり最初の一級魔法使いで、フリーレンをひと目見ただけで魔力のゆらぎに気づくほどの実力者です。

ゼーリエいわく、フリーレンの魔力のゆらぎに一発で気づいたのは魔王だけだったので、レルネンは魔王に匹敵するほどの強さがありますね。

しかし、孫であるエーレは、第三次試験で不合格になってしまいました。

部屋に入った瞬間に、ゼーリエから不合格を言い渡されており、詳しい理由は明かされていません。

ただ、その前にカンネが「一級魔法使いになった自分をイメージできていない」という理由で落とされているため、それと同じなのだと予想できます。

試験後に落ち込んでいる様子が描かれており、エリート家系なのに試験に落ちてしまったのは、相当なショックだったに違いありません。

一級試験は3年に1度ですから、また頑張ってほしいですね!

 

エーレの強さはどれくらい?

エーレが得意とするのは「石を弾丸に変える魔法」で、フェルンとの対戦の際に披露しました。

地面に落ちている石を操り、高速で相手にぶつける魔法です。

フェルンからグループで最も強いと言われており、実力はホンモノだと思われますね。

北部魔法隊の隊長であるヴィアベルよりも強いのは、相当なレベルのはずです。

一般的な魔法しか使わないフェルンに対し、おじいちゃんと戦っているみたいと表現しており、幼い頃からレルネンに鍛えられていたのでしょう。

しかし、フェルンによる大量の攻撃魔法の力技で、あっさりと倒されてしまいました。

フェルンは幼少期からフリーレンに鍛えられていますし、ゼーリエからも認められる人材ですから負けてしまうのは当然ですね。

ヴィアベルから「勝てない勝負ではなかった」と言われており、正面からではなく奇襲をかけたりすれば勝算はあったのかもしれません。

二次試験でシャルフの複製体を倒していますし、それなりの実力は持っているはずです。

まだ完全に手の内を見せてはいませんが、魔法学校をトップで卒業した実績もあることから、大きなポテンシャルを秘めたキャラだといえます。

 

エーレのおじいちゃんとの関係とは?

エーレはフェルンと戦っている時、「私のおじいちゃんと戦っているみたい」と語ったので、レルネンから実践の訓練を受けていると思われます。

魔法使いのエリート一族ですから、レルネンとは師弟関係のような感じなのかもしれません。

たびたびエーレの口から祖父の話が出てくるので、レルネンのことを尊敬していることが伝わってきますね。

 

エーレはヴィアベルにおじいちゃんを紹介している

一級試験の終了後に、ヴィアベルとシャルフにレルネンを紹介する描写があり、これがどういった意味なのかファンの間で話題となっていました。

おそらくエーレは、ヴィアベルに恋愛感情を持っているのではと言われていますね。

ヴィアベルはかつてエーレの街を魔族から救ったことがあり、エーレは何か特別な感情を持っていても不思議ではありません。

さらに、フェルンに負けて動けなくなったとき、ヴィアベルからおんぶしてもらったことで優しさを感じていました。

ヴィアベルの初恋の話を聞いたときに意味深な表情をしていましたし、その直後に「おじいちゃんを紹介しようか?」と提案しています。

さりげなくレルネンを紹介したのは、何か恋のメッセージ的な意味合いがあるのではないでしょうか。

一対一だと気まずいですし、隣にシャルフがいたのはカモフラージュなのかもしれません。

この先のストーリーで、2人の恋模様が描かれる可能性もあるので、今後の展開が楽しみですね。

 

まとめ

葬送のフリーレンのエーレは一級試験編で登場したキャラクターですが、一級魔法使いのレルネンを祖父に持つエリート家系の生まれです。

祖父がレルネンというのは凄いことで、こんなおじいちゃんがいるのは魔法使いのサラブレッドといえるでしょう。

おじいちゃんから英才教育を受けて魔法学校をトップで卒業していますし、相当な実力を秘めているのは間違いありません。

エーレは惜しくも一級試験に落ちてしまいましたが、また再登場することがあるかもしれないですね。

葬送のフリーレンはまだまだ続きますし、どこかで絡んでくる可能性はあるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました