食品メーカーの特徴

食品メーカーの特徴記事一覧

味の素株式会社の特徴について

調味料のトップメーカーである味の素。食品と食品原料の両面を持っているメーカーでもあり、業界で注目されている企業です。うま味調味料の先駆者的存在1909年創業の味の素株式会社は、その前年、東京帝国大学の池田菊苗教授が、昆布のうま味成分が、グルタミン酸ナトリウムというアミノ酸であることを発見し、二代目鈴...

≫続きを読む

日本ハム株式会社の特徴について

食肉メーカーのトップである日本ハム。プロ野球の日本ハムファイターズのオーナー企業としても有名なので、国内の知名度は非常に高いですね。生産から販売までを一貫して行う食肉関連のトップメーカーである日本ハムは1942年、大社義規が徳島で「徳島食肉加工場」を設立したのが始まりです。51年徳島ハム設立、63年...

≫続きを読む

マルハニチロホールディングスの特徴について

マルハブループとニチロが経営統合して、マルハニチロができました。水産や畜産、食品や物流などの事業を行っている会社です。主力は水産と加工食品2007年、マルハグループとニチロが合併してできた総合食品メーカーです。国内外204社のグループ会社で構成されています。1904年中部磯次郎が、下関で創立した林兼...

≫続きを読む

山崎製パン株式会社の特徴について

製パンメーカーのトップである山崎製パン。新しいパンを毎年1000種類以上開発していて、商品開発力には定評があります。また、販売店舗を10万点以上保有するなど、販売戦略にも長けた企業です。スタートはパンの委託加工から山崎製パンは1948年、飯島藤十郎が千葉県で「山崎製パン所」を開業したのが始まりです。...

≫続きを読む

明治乳業株式会社の特徴について

商品開発に意欲的な明治乳業。差別化の難しい牛乳業界でヒット商品を出すなど、業界をリードするトップメーカーです。牛乳・加工乳のトップを走るメーカー1917年明治製糖が設立した「極東練乳」が明治乳業のはじまりです。1924年アイスクリーム製造、28年牛乳発売、32年プロセスチーズ製造、50年ヨーグルト発...

≫続きを読む

日本水産株式会社の特徴について

ブランド名の「ニッスイ」として有名な日本水産。魚介類の生産や食品加工、魚介類の成分を使った医薬品やサプリメントなど、多角的な事業の展開を行っています。魚介類一筋の会社ニッスイブランドで親しまれる日本水産は、1908年に鋼鉄製トロール漁船を建造した田村市郎が11年に下関で田村汽船漁業部を創立し、トロー...

≫続きを読む

キューピー株式会社の特徴について

キューピー株式会社は、日本で初めて国産のマヨネーズの製造に成功したメーカーです。現在では大手総合食品メーカーとなり、マヨネーズ事業を中心に様々な加工食品を展開しています。事業の核は卵同社の母体は、食品卸を営んでいた中島菫商店です。創業者の中島菫一郎氏がアメリカ留学時代にマヨネーズと出会ったことがきっ...

≫続きを読む

日清製粉グループ本社の特徴について

日本で初めて小麦粉の機会製粉に成功した日清製粉は、現在では国内で消費される小麦粉の40%近くを生産する大手製粉メーカーとなっています。製粉を中心としている総合食品メーカー同社は1900年、国産小麦粉の品質向上を目的に、創業者の正田貞一郎氏が群馬県館林町(現館林市)に設立した「館林製粉株式会社」が始ま...

≫続きを読む

明治製菓株式会社の特徴について

明治製菓は、菓子事業において長年に渡り愛され続けている数々のヒット商品を世に送り出した大手総合食品メーカーです。また、医薬品事業においても抗生物質のトップメーカーとして知られています。スナック菓子のパイオニア明治乳業と同じく、明治製糖(現・大日本明治製糖)の菓子部門として1916年に設立された「東京...

≫続きを読む

日清食品ホールディングスの特徴について

いまや国際的な保存食といっていい即席麺の生みの親である日清食品ホールディングスは、この分野において、国内はもとより海外でもトップメーカーに君臨しています。ラーメンの量産化が契機となる同社の始まりは、創業者の安藤百福氏が1948年に、魚介類の加工などを目的に設立した「中交総社」です。その後安藤氏は、ラ...

≫続きを読む

株式会社ヤクルト本社の特徴について

株式会社ヤクルトは、日本で初めて乳酸菌飲料を開発した乳酸菌飲料のトップメーカーです。同社独自の乳酸菌発酵技術を中核に、化粧品事業や医薬品事業も行っています。医学者が創始したメーカー京都帝国大学医学部の医学博士だった代田稔氏は1930年、微生物の研究中に乳酸菌「シロタ株」の強化培養に成功しました。そし...

≫続きを読む

東洋水産株式会社の特徴について

東洋水産株式会社は、即席麺を主力事業にした総合食品メーカーです。国内市場では第2位ですが、うどん・そば類では日清食品を上回り、北米市場においては日清食品と並ぶ売り上げを誇っています。飛躍となったのは個性的な即席麺の開発同社は1953年、東京の築地市場で冷凍マグロの輸出と国内水産物の卸売を目的に設立さ...

≫続きを読む

日清オイリオグループ株式会社の特徴について

植物性油脂の大手総合メーカーである日清オイリオは、食用油の分野においてトップの売上を誇っています。また、同社は植物性マヨネーズとマーガリンでも有名です。植物油一筋で成長した企業同社の始まりは、大豆油と大豆粕の製造を目的に、大倉喜八郎氏と松下久治郎氏が1907年に設立した「日清豆粕製造株式会社」です。...

≫続きを読む

江崎グリコ株式会社の特徴について

キャラメルやアイスクリームで有名なグリコですが、実際は独創的な商品開発力で成長を遂げてきた大手総合食品メーカーです。グリコはカキの煮汁から生まれた同社創業者の江崎利一氏は、カキの煮汁にグリコーゲンという栄養物質が含まれていることを発見し、グリコーゲンを配分した「栄養菓子グリコ」を開発しました。このグ...

≫続きを読む

ハウス食品株式会社の特徴について

カレールウのトップメーカーであるハウス食品株式会社は、即席麺やレトルト食品などにも事業領域を広げていますが、いずれもカレールウを応用した商品となっており、手堅い事業展開を見せています。カレールウ事業を買収して始まった同社の始まりは、1913年に創業者の浦上靖介氏が大阪市内で開業した薬種化学原料店「浦...

≫続きを読む

敷島製パン株式会社の特徴について

製パン事業において同社は国内第2位ですが、食パンの売上では業界トップのメーカーであり、独自の製法と技術でパン作りをおこなっています。飽きないパンを作ろうと始めた同社は、社名より企業ブランド名「Pasco」の方が有名な製パンメーカーです。もともと食パンが主力のメーカーで、1998年に発売され大ヒットし...

≫続きを読む

森永製菓株式会社の特徴について

「エンゼルマーク」で有名な菓子メーカー森永製菓は、ミルクキャラメルや森永ビスケット、森永チョコレートなどのロングセラー商品を次々と世に送り出してきました。洋菓子を庶民に普及させるために創業者である森永太一郎氏が、アメリカで11年に及ぶ菓子職人修行を終えて帰国後、日本においても栄養価の高い洋菓子を普及...

≫続きを読む

エスビー食品株式会社の特徴について

エスビー食品株式会社は、カレールウと香辛料の大手メーカーです。とりわけ香辛料事業においては、豊富で多彩なラインナップで消費者ニーズにくまなく対応できているのが特徴です。「純国産カレー粉」の先駆けとなった存在日本初の「純国産カレー粉」を独学で開発した創業者の山崎峯次郎氏が、これを販売するため1923年...

≫続きを読む

亀田製菓株式会社の特徴について

亀田製菓株式会社は、米菓の専業メーカーであり、同時に米菓のトップメーカーでもあります。「サラダホープ」や「ピーナッツ入り柿の種」など、多くの人気商品を有しているのが特徴です。テレビCMがキッカケで人気に同社の始まりは1946年に遡り、新潟県中蒲原郡亀田町の農民が「亀田郷農民組合」を結成し、組合事業と...

≫続きを読む

理研ビタミン株式会社の特徴について

理研ビタミン株式会社は、「ノンオイルスーパードレッシング」などを製造している大手調味料メーカーであり、自然・健康志向対応食品にも強いメーカーです。著名研究所が発祥の食品メーカーもともと理化学研究所の研究成果を事業化するために、1938年に設立された「理研栄養薬品株式会社」が同社の始まりです。その後1...

≫続きを読む

エバラ食品工業株式会社の特徴について

調味料の大手メーカーであるエバラ食品工業は、とりわけ焼肉関連調味料と鍋物調味料の分野で圧倒的な強みを持っています。また、広告代理店を傘下に持ち、広告のうまさにも定評があります。焼肉のたれで急成長同社は、ソース・ケチャップの製造・販売を目的に「荏原食品株式会社」として、1958年に横浜市内に設立されま...

≫続きを読む

カルビー株式会社の特徴について

スナック菓子の大手メーカーであるカルビー株式会社は、ポテトチップスではトップの売上を保持し続けています。また、オリジナリティ溢れる商品の開発にも定評があります。安くて高栄養の菓子を作るために1949年、同社は「松尾糧食工業株式会社」として広島市内で設立され、小麦粉を原料とした菓子の開発に取り組みまし...

≫続きを読む