カルビー株式会社の特徴について

カルビー株式会社の特徴について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

スナック菓子の大手メーカーであるカルビー株式会社は、ポテトチップスではトップの売上を保持し続けています。また、オリジナリティ溢れる商品の開発にも定評があります。

 

カルビー株式会社の特徴について

 

安くて高栄養の菓子を作るために

 

1949年、同社は「松尾糧食工業株式会社」として広島市内で設立され、小麦粉を原料とした菓子の開発に取り組みました。その後、1955年に社名を「カルビー製菓株式会社」に変更し、小麦粉で作ったあられの「かっぱあられ」を発売すると、スナック菓子事業に本格的に乗り出しました。

 

その後も1964年に生エビ入りの煎餅「かっぱえびせん」を発売し、1971年には「仮面ライダースナック」を発売、その翌年には「サッポロポテト」を発売するなど、次々とオリジナリティ溢れるスナック菓子を発売し業容を拡大していきました。

 

 

そして、1975年に発売された「ポテトチップス」の爆発的ヒットにより同社のスナック菓子事業は盤石のものとなったのです。この「ポテトチップス」は現在も菓子の定番商品として親しまれています。

 

そもそも同社がスナック菓子事業に乗り出したのは、「誰でも気軽に栄養を取れる安価な菓子を作りたい」との思いからでした。この事業理念実現した一号商品が「かっぱあられ」だったのです。同社の誕生は戦後復興期に遡ります。当時、主食の米は生産不足で高価であった一方で、小麦は安価で入手できました。

 

スポンサーリンク

 

そこで、この安価な小麦を使ってあられを作れば栄養価の高い菓子を作れると考えた同社は、試行錯誤を重ねた結果、業界初の小麦粉で作ったあられを開発し発売したのです。「かっぱえびせん」の場合も、かき揚げや乾燥エビにしか用途がなかった瀬戸内海産の小エビに着目し、エビのかき揚げを菓子に応用しようと考えたのが開発のきっかけです。

 

現在、同社の主力商品となっているポテト類も、当時北海道の生産農家が豊作貧乏で頭を抱えていたジャガイモに目を付けたのが商品開発の発端でした。まず、小麦粉にジャガイモを混ぜた「サッポロポテト」を開発しました。

 

 

次に、ジャガイモ独特の風味と食感を活かすため、ジャガイモを100%使用した「ポテトチップス」を開発したのです。このような、明確な事業理念に基づいた商品開発力の高さが同社の特徴です。

 

現在、同社の生産拠点は北海道から鹿児島まで全国なんと13ヶ所におよび、大半の工場でポテトチップスを始めとする各種ジャガイモ菓子類を生産しています。



このエントリーをはてなブックマークに追加