江崎グリコ株式会社の特徴について

江崎グリコ株式会社の特徴について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

キャラメルやアイスクリームで有名なグリコですが、実際は独創的な商品開発力で成長を遂げてきた大手総合食品メーカーです。

 

江崎グリコ株式会社の特徴について

 

グリコはカキの煮汁から生まれた

 

同社創業者の江崎利一氏は、カキの煮汁にグリコーゲンという栄養物質が含まれていることを発見し、グリコーゲンを配分した「栄養菓子グリコ」を開発しました。このグリコの本格的な事業化に乗り出そうと、1921年に開業された「合資会社江崎商店」が同社の始まりです。

 

そして翌年2月11日、大阪三越百貨店でグリコが初めて発売されると、瞬く間に話題となり空前のヒット商品となったのです。その後同社は、1927年にグリコ特製のおもちゃを考案し、グリコに「おまけ」として付属し販売を始めました。

 

その結果、子供の「食べる」と「遊ぶ」欲求を同時に満足させる販売策により、見事子供たちのハートを射止めたのです。さらに1931年には、小画面に映画が映り、それが終わるとグリコが出てくる「映画付きグリコ自動販売機」を開発・設置し、その4年後には高さ33メートルの巨大ネオン塔を大阪ミナミの戎橋のたもとに設置するなど、常に斬新なアイデアで注目を集めることで、グリコ市場は国民の中に広まっていきました。

 

スポンサーリンク

 

強みはロングセラー商品

 

同社の独創的なアイデアは、戦後になっても発揮され続けました。「アーモンド時代」の先駆けとなった、「アーモンドグリコ」を1955年に発売したのです。また、1960年には、家庭にカレーが浸透するきっかけの商品となった「プレート状カレールウ」を発売しました。

 

その2年後には、キャラクター商品の先駆けとなった「鉄人28号グリコ」や「鉄人28号ガム」を発売するなど、常に先を行くアイデアで食品業界を引張りながら、現在の総合食品メーカーへと成長を遂げたのです。

 

現在、同社の事業は「菓子」「冷菓」「牛乳・乳製品」「食品」「畜産加工品」の5事業で構成されています。このうち、菓子事業だけでなく冷菓事業においてもジャイアントコーンやパナップ、パピコなど、数多くのロングセラー商品を抱えているのが同社の特徴です。



このエントリーをはてなブックマークに追加