ハウス食品株式会社の特徴について

ハウス食品株式会社の特徴について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

カレールウのトップメーカーであるハウス食品株式会社は、即席麺やレトルト食品などにも事業領域を広げていますが、いずれもカレールウを応用した商品となっており、手堅い事業展開を見せています。

 

ハウス食品株式会社の特徴について

 

カレールウ事業を買収して始まった

 

同社の始まりは、1913年に創業者の浦上靖介氏が大阪市内で開業した薬種化学原料店「浦上商店」です。1926年、「ホームカレー」の商品名で粉末カレールウを販売していた「稲田商店」を買収したのを機に、カレールウの製造に乗り出しました。カレールウが製造され始めて間もなく商標権をめぐる問題が起こり、商品名に「ホームカレー」が使えなくなりました。

 

そこで、ホームをハウスに言い換え「ハウスカレー」が誕生したと言われています。その後、カレールウの売上が伸び続けたため、薬種化学原料販売からカレールウ製造販売へと事業転換がおこなわれました。

 

スポンサーリンク

 

1960年には、社名を「ハウス食品工業株式会社」に変更すると共に、固形カレールウの「印度カレー」を発売しました。そしてこれが江崎グリコの「ワンタッチカレー」と共に、家庭にカレーを普及させるきっかけの商品となったのです。

 

さらに、その3年後に発売された「バーモンドカレー」が人気を博し、同社のカレールウ事業は急速に発展していきました。その後も「ククレカレー」や「こくまろカレー」などのヒット商品を開発しました。

 

 

一方で、1973年には「シャンメンしょうゆ味」の発売で即席麺事業に、1977年には「ポテトチップス」の発売でスナック菓子事業に、そして1983年には「六甲のおいしい水」の発売で清涼飲料水事業に進出するなど、次々と事業領域を拡大していきました。

 

その結果、現在の大手総合食品メーカーへと発展を遂げたのです。とりわけカレールウ市場では、トップの座に君臨し続けています。 現在、同社の事業は「香辛食品類」「加工食品類」「調理済食品類」「飲料・スナック類他」「運送・倉庫業他」の5事業によって構成されています。

 

 

このうち、中核事業である香辛食品類はカレールウとスパイスが主力商品で、バーモンドカレーやジャワカレー、こくまろカレーなど多くのヒット商品があります。また、加工食品類や調理済食品類においてもカレー・シチュールウ系の商品やスパイスの利いた商品が多く、香辛料総合メーカーならではの特徴を持っています。



このエントリーをはてなブックマークに追加