亀田製菓株式会社の特徴について

亀田製菓株式会社の特徴について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

亀田製菓株式会社は、米菓の専業メーカーであり、同時に米菓のトップメーカーでもあります。「サラダホープ」や「ピーナッツ入り柿の種」など、多くの人気商品を有しているのが特徴です。

 

亀田製菓株式会社の特徴について

 

テレビCMがキッカケで人気に

 

同社の始まりは1946年に遡り、新潟県中蒲原郡亀田町の農民が「亀田郷農民組合」を結成し、組合事業として「亀田郷農民組合委託加工所」を開設しました。そこで水飴の製造を始めたのがきっかけです。

 

同組合は1950年に法人組合の「亀田町農産加工農業協同組合」に改組すると共に、事業内容も水飴製造から米菓製造へと転換しました。そして1957年、この共同組合を母体に現在の亀田製菓株式会社が設立されたのです。

 

1961年発売のあられ「サラダホープ」がきっかけとなり、同社の菓子事業は全国展開を図ることとなりました。この商品は発売初年度に大ヒットとなり、同社が大手米菓メーカーへと発展する事業基盤を構築したのです。

 

米菓事業の全国展開を強化するために米菓の量産化を目指した同社は、1963年に米菓の型抜きと乾燥を同時に行える「運行式乾燥機」を日本で初めて導入し、生産体制の充実を図りました。

 

スポンサーリンク

 

また、1965年にはパッケージイメージの統一を目指し「亀田製菓」のロゴを、赤の六角形で囲った現在のマークに制定し、ブランド体制も整えました。その翌年には「ピーナッツ入り柿の種」を、翌々年には「サラダうす焼き」を発売し、現在も同社を支える主力商品へと成長させました。

 

また、1969年には「亀田のあられ・おせんべい」をテーマにした広告・宣伝活動により、亀田ブランドを一挙に全国へ浸透させました。この広告・宣伝活動の一環として、米どころ新潟の情景を描いて放映したテレビCMの「ふるさとシリーズ」が視聴者の好感を呼び、同社の人気に拍車が掛りました。そしてついに1974年に売上高が100億円を突破したのです。

 

 

またその翌年には、なんと165億円の売上高を記録し、米菓事業で食品業界トップに躍り出たのです。以降、米菓のリーディングメーカーとして活躍してきました。現在同社は、売上の96%を米菓事業が占めており米菓専業の強みを十分に発揮しています。

 

しかし今後、少子化や人口減少の影響で米菓の需要が減少することを想定し、米飯や乳製品、健康食品などの商品開発体制を強化しており、積極的に新事業の育成に乗り出しています。



このエントリーをはてなブックマークに追加