PR

藤井風の学歴!中学校~大学どこかも徹底調査!

藤井風の学歴!中学校~大学どこかも徹底調査! エンタメ

シンガーソングライターの藤井風さんは、小学校時代からYoutubeでピアノ演奏動画を投稿し始め、中学校のときにはスキルの高さで有名になりました。

それから、デビュー前にもかからずワンマンライブのチケット完売、ラジオ番組『オールナイトニッポン』のパーソナリティを務めるなど、数々の伝説を残しています。

しかも、英語もペラペラという超人で、そのハイスペックさも注目されているみたいです。

ファンの人達は、「藤井風の学歴ってどうなの?」「出身の大学はどこなの?」など、出身や経歴について気になっている人が多いようですね。

確かに英語が話せるということで留学経験があるかもしれませんし、話し方も知的ですからそこそこの学歴なのではないかと思われます。

そこで今回は、藤井風さんの学歴について、出身の中学校や大学がどこかなどを調べてみました。

 

藤井風の学歴について

英語が堪能で知的な藤井風さんですが、これまでの出身の学歴については、以下のとおりです。

  • 岡山県・里庄町立里庄西小学校
  • 岡山県・里庄町立里庄中学校
  • 岡山県・立岡山城東高校
  • 大学へは進学せず

岡山県の里庄町が出身で、一人称が「わし」で「〇〇じゃ」などの岡山弁を使います。

同じ岡山県の出身である漫才師の千鳥さんを彷彿とさせる話し方で、すごく珍しいですね。

1997年6月14日生まれで4人兄弟の末っ子であり、兄の『藤井空』はピアノ・トランペット奏者として活躍しています。

岡山県の田舎が出身で音楽とは無縁のように思えますが、父親から英才教育を受けていたようです。

流行りのJ-POPからクラシックまで幅広いジャンルの音楽を聞いて育ち、3歳からはピアノやサックスの練習を始めました。

ちなみに、藤井さんの父親は音楽の経験はまったくのゼロで、独学で子どもたちに教えていたようです。

英語の指導もしていたそうですから、かなり教育熱心な父親なんですね。

 

藤井風の中学校~大学どこかを詳しく紹介

それでは、ここからは藤井風さんの学歴や当時のエピソードなどを紹介していきます。

藤井さんが音楽に目覚めたキッカケ、スターになるまでのプロセスなども解説しますね!

意外と知られていない藤井さんの学歴は、見るとびっくりすると思います。

 

出身小学校:里庄町立里庄西小学校

藤井風さんの出身の小学校は、「里庄町立里庄西小学校」です。

岡山県の里庄町は山に囲まれた長閑な場所となっており、こんな場所でのびのびと育ったなら優しい子供になりそうですね。

陶器の大原焼や地酒などが有名で、里庄町の地酒は江戸時代から240年以上の歴史があるそうです。

そんな由緒正しき岡山県の里庄町において、藤井風さんは生まれ育ったわけですね。

藤井さん自身は、出身の里庄町について「何もない場所だが大人も子供も仲良し。すべての思い出がここにある感じ」と語っています。

実家は父親の経営する「ミッチャム」という喫茶店で、家族6人で暮らしていました。

3歳くらいから父親にピアノやサックスを教えてもらい、演歌からジャズ、クラシックなど色々な曲を弾いていたそうです。

この頃から英語も習っていたそうで、現在ではネイティブにも認められるほどの語学力があります。

その後、小学校6年生のときに「これからはYoutubeの時代だ」と父親に言われたことで、楽器の演奏動画を投稿し始めました。

藤井さんにとって父親の影響は大きく、それがすべて現在の活躍に繋がっているのでしょう。

ボクサーの井上尚弥、野球選手の大谷翔平など、幼少期から父親に英才教育を受けていた人たちは、世界で活躍できる人材となっています。

非凡な才能を開花させるためには、小学校など子供の頃の教育がすごく大切なんですね。

 

出身中学校:里庄町立里庄中学校

小学校と同じく中学校も地元の「里庄町立里庄中学校」が出身となります。

当時はお笑いが好きな子供で、友達とネタを作っては学校で披露していたそうです。

かなりの人気者だったようですから、相当モテたんじゃないでしょうか。

音楽をやっていなければ、お笑い芸人になっていたのかもしれませんね。

学校では「面白い人」という認識だったため、友達にはピアノが弾けることを隠していたとのこと。

なので、藤井さんにミュージシャンの才能があると知った友達は、みんな驚いていたそうです。

この頃も、ポップスやクラシックをアレンジした演奏動画をYoutubeにアップロードしていましたから、学校の友達には内緒にしていたんでしょうね。

中学3年生の頃に投稿した「千本桜」の動画は380万回再生、「UFO」の動画200万回再生など、ピアノアレンジの動画で大きな反響を集めています。

 

出身高校:岡山城東高校

地元の里庄町の中学を卒業後、藤井さんは岡山市内の高校へ進学します。

「岡山城東高校」の出身です。

設立当初より国際化社会を念頭に置いており、英語教育に力を入れている岡山県の高校ですね。

英語を学ぶための合宿があったり、英語のみの演劇をやったりと、かなり本気のカリキュラムが組まれています。

高校でこれだけ英語に特化しているのは、かなり珍しいのではないでしょうか?

そんなこともあって、文部科学省からスーパーイングリッシュランゲージハイスクール(SELHi)の指定を受けていますね。

人類社会学類、理数学類、国際教養学類、音楽学類など4つの学類があり、専門的な学問を学ぶことができる新しいタイプの高校です。

偏差値65以上と岡山県でトップクラスの頭のいい高校ですが、藤井さんの音楽学類は偏差値55となっていますね。

英語力に長けている藤井さんですが、高校で学んだことが生かされているのかもしれません。

岡山城東高校の出身の卒業生には、有名人も何人かいます。

  • 赤木野々花(アナウンサー)
  • 中島有香(アナウンサー)
  • 野上慎平(アナウンサー)
  • 國枝明弘(落語家)
  • 水川かたまり(お笑い芸人)

高校時代には学業に専念するため、Youtubeでの動画投稿を休止しました。

音楽に没頭した3年間を過ごしたそうで、吹奏楽部に在籍したりベースを習得してバンド活動などもしていたようです。

岡山県で唯一の音楽に特化した高校だそうですから、藤井さんのセンスは高校3年間で飛躍的に上昇したのだと思います。

この頃から歌手になりたいと思ってブラックミュージックを聴くようになりましたが、ピアニストになると思っていた父親と衝突したりしていました。

ですが、高校の終わりのコンサートに親も呼んで歌ったところ、その歌唱力を父親にも認められたそうです。

 

大学への進学はしなかった

藤井さんは高校卒業後は、音楽の活動に専念するため大学へは進学しませんでした。

進学校ですから大学へは行けたと思いますが、音楽の道を選んだのですね。

英語が堪能なために、「ニューヨーク大学の出身」といった噂もあるようですが、これは完全な間違いです。

学歴は高卒ということで、それで英語がペラペラというのはカッコいいですね。

以前に藤井さんが出演した番組で、『NEW YORK UNIVERSITY』と書かれたシャツを着ていたため、このような噂が立ったのかもしれません。

高校卒業後はYoutubeへの投稿を再開し、2019年に東京へ引っ越しをします。

まもなくピアノ弾き語り動画が注目され始め、イベントや大型フェスなどにも出演するようになり、シンガーソングライターとして有名になっていきました。

そして、自身のワンマンライブを東京と大阪で成功させたことから、ラジオ番組『藤井風のオールナイトニッポン0』がスタートします。

この時点ではメジャーデビューしていませんし、ラジオの冠番組を持つというのは異例のことです。

それから、2019年11月18日にオリジナル曲「何なんw」でメジャーデビュー、12月24日には2ndシングル「もうええわ」を発表しました。

2020年には、Spotifyによる期待のアーティスト「Early Noise 2020」に選ばれ、10月29日に自身初の日本武道館公演を成功させています。

2021年から2年連続で紅白歌合戦に出場するなど、破竹の勢いで快進撃が続いていますね。

 

まとめ

以上、「藤井風の学歴!中学校~大学どこかも徹底調査!」でした。

謎のシンガーソングライター藤井風さんは、小学校・中学校は地元の普通の学校の出身のようです。

幼少期から父親に音楽の英才教育を受けており、独創的なピアノの演奏技術を身に着けました。

高校では音楽を専門的に学んで、様々な楽器の技術を習得したようです。

最終学歴は高校卒業となりますが、英語はネイティブレベルでペラペラですし、教養は非常に高いですね。

出身の大学はどこだろうと思っていましたが、高校までだったとは驚きです。

これからもヒット曲を作り続けるでしょうし、どんな活躍を見せてくれるのかが楽しみですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました