食品業界の概要

食品業界の概要記事一覧

食品業界の特徴について

食品は、食材を加工することで保存ができ、また安定して供給することができるようになります。こうした加工をおこなっているのが、食品業界です。基幹業界の一つである業界私たちが普段口にする食品は、大きく「生鮮食品」と「加工食品」に分けることができます。生鮮食品とは、野菜や果物、魚介、食肉など、生で食べたり調...

≫続きを読む

日本の外食産業の発展について

1970年代から始まった外食産業の成長が、食品業界の発展を促しました。その後、1980年代以降におけるライフスタイルの多様化や健康志向などが、食品業界をさらに成長させたのです。外食産業が新たな市場を作った1970年は日本の「外食産業元年」といわれており、この年開催された大阪万博ではロイヤルがレストラ...

≫続きを読む

食品業界の特徴と業界の市場規模について

食品業界の出荷額は、約25兆円と製造業全体の約14%を占め、業種別で見ると第4位の規模に上ります。地域経済の活性化に貢献している加工食品は、飲食物の最終消費額の半分以上を占める食品関連産業の基幹といえます。冷凍食品、畜産加工食品などその種類は多岐にわたり、業態が細かく分かれているのが特徴です。そのた...

≫続きを読む

食肉加工食品と水産加工食品の普及について

食肉加工食品は、たんぱく質の摂取源として私たちの食生活に欠かせないものであり、国民1人当たりの年間消費量も3Kgに上ります。食材の種類は豊富食肉は日持ちが悪く、生肉であれば冷蔵庫で保存しても数日で食べられなくなってしまいますが、こうした食肉の難点を解消するため、保存性を高めより美味しく食べられるよう...

≫続きを読む

製粉・パン業界の市場規模について

食品業界の中でも、数少ない寡占業態なのが製粉業界です。100余りの製粉メーカーが存在する中で、出荷量全体の7割以上を日清製粉グループ本社などの大手4社が占めています。製粉業界の出荷量は安定している一般に「製粉」とは、穀物を粉砕して粉を製造することをいいますが、食品業界では小麦から小麦粉に一次加工する...

≫続きを読む

麺類・惣菜市場の特徴について

麺類は私たちにとって、パンと並ぶ主要な小麦粉加工食品です。麺類には、生麺と即席麺がありますが、前者は地産地消型であり、後者は全国市場型であり対照的です。即席麺は輸出も盛ん麺類は生麺、乾麺、即席麺、パスタ(スパゲッティとマカロニ)に分類することができ、このうちの生麺には、うどん、そば、中華麺、餃子など...

≫続きを読む

缶詰・レトルト食品や菓子業界の市場について

インスタントで食べられる長期保存食として長年愛用されてきた缶詰ですが、1997年頃をピークに供給量が減少しており、代わって売上を伸ばしているのがレトルト食品です。インスタント食品の王様である缶詰1810年にイギリスで発明されたブリキの缶詰は、その後アメリカで生産が本格化しました。日本初の缶詰工場は、...

≫続きを読む

調味料市場の特徴について

調味料は、料理の味付けに欠かせない加工食品です。調味料の種類は豊富で、食生活の変化と共に多様化してきました。多様化する調味料調味料は、料理の味付けに使われ、私たちの食欲を促し消化を助ける働きがあります。調味料の歴史は長く、日本では明治維新まで味噌、醤油、食酢などが代表的な調味料でした。その後、欧米か...

≫続きを読む

清涼飲料市場の特徴について

コーラ原液の輸入自由化を機に市場が本格化した清涼飲料ですが、現在では出荷額およそ3兆6,000億円の巨大市場になっています。人気が上昇している無糖飲料牛乳類と酒類を除く飲み物の総称を清涼飲料といいます。食品衛生法では、清涼飲料を「乳酸菌飲料、乳及び乳製品を除く酒糖分1容量%未満を含有する飲料をいう」...

≫続きを読む