PR

石丸志門が胡散臭いし怪しい理由なぜ?生活保護で金目当ての真相は?

石丸志門が胡散臭いし怪しい理由なぜ? エンタメ

ジャニー氏のトラブルで、日本国内は大騒ぎですね。

スポンサー企業が撤退しタレントのドラマが撮影中止になるなど、至る所で混乱が生じております。

ジャニーズ事務所は謝罪に追い込まれたなど、芸能史に残る大事件となりました。

しかし、被害者団体である当事者の会において、きな臭いウワサが立ってるようです。

特に、副代表の石丸志門氏は、世間から胡散臭いし怪しいなどとされます。

「生活保護を受けており金目当てじゃないか?」といった疑惑がありますし、なぜか普段の言動も腑に落ちないところがあったりしますね。

そこで今回は、石丸志門氏が「胡散臭いし怪しい」と思われる理由はなぜか、生活保護で金目当ては本当かを調べてみました。

詳しい理由が知りたい方は、最後まで読んでみてください。

 

石丸志門が胡散臭いし怪しい理由とは?

当事者の会は、2023年6月26日に発足した団体で、ジャニー氏の性加害への責任追及が目的です。

トップは平本淳也氏、副代表を石丸志門氏が務めます。

結成当初は7人となっており、それ以降は増減を繰り返し7人体制ですね。

ただ、被害者は478名と発表されており、これから増える可能性もあります。

500名近くとなるとすごい人数ですし、みんなを補償するとなれば莫大な費用がかかることは言うまでもありません。

しかし、平本淳也氏や石丸志門氏に対し不審なおかしい点が多かったため、発足当初から胡散臭いと感じる人が多かったようです。

日頃の言動を見てみると、必ずしも正義感があるようには見えないですし、私利私欲なのかと思われることもあったりしますね。

もちろん本当に苦しんでる人も存在するのですが、背後にはお金のニオイもするため世間の目は厳しいです。

ここから、石丸志門死が胡散臭い・怪しいとなってしまった理由を紹介します。

 

理由①:ジャニー氏のお別れ会に参加

石丸志門氏がおかしいと言う声は、お別れ会についてです。

石丸志門氏は2023年9月4日に行われたジャニー氏のお別れ会に参加。

自身のブログでも、「35年ぶりにジャニーさんの前でダンスが披露できた。何と幸運でしょう!」と興奮気味な発言がありますね。

自分が性加害を受けながら、お別れ会に参加するでしょうか?

しかも、それを嬉しそうに語るとなると、一般的な感覚だとおかしいと思いますよね。

普通だったら顔も見たくないと思うはずですし、わざわざ足を運んだりしません。

となると、最初からネガティブな気持ちは持っておらず、お金のために意見を変えたと考えるほうが自然だと思うわけです。

SNS上では、「石丸志門はおかしいよね」「ジャニーさんのことを話すのが嬉しそう」などと声が上がりました。

かなり胡散臭いと思われる石丸志門氏。

 

理由②:Youtubeで思い出を語る

さらに、石丸志門氏がおかしい声は、Youtubeでもあるようです。

石丸志門氏は自分のYoutubeチャンネルがありますが、2020年ごろにジャニーズ時代の楽しかった思い出を話す動画を投稿。

その中で、少年隊の東山さんや錦織さんからダンスを教わったりしたため、「合宿所は良かった」と発言しました。

Jrの中でも上位の人しか合宿所へは行けないので、そういった所で先輩と関わることにステータスを感じてたようですね。

さらに、「今のJrの子たちは合宿所がないから可哀想」という発言もあり、合宿所について全てを肯定することを言っています。

性加害の現場である合宿所に、良い印象を持つこと自体がおかしいです。

普通だったらトラウマになるほどですし、その現場に対し愛着を持つとのはおかしいでしょう。

本当に行為を受けたらPTSDになって思い出せなくなりますし、そうじゃないなら何もされてない、されても嫌な気持ちじゃなかったのだと思います。

わざわざ動画で語るくらいですし、楽しい思い出のように感じてるかもしれません。

Youtubeを見た人からも、石丸志門氏は胡散臭い・おかしいと感じる声が出ますね。

 

理由③:被害期間に矛盾がある

石丸志門氏のおかしい点は、いくつもの矛盾です。

石丸志門氏が行為を受けた期間に齟齬があって、過去に政治家の蓮舫氏と面会した際には12~17歳の間に行為を受けたと発言。

しかし、石丸志門氏の在籍期間は、14~17歳です。

12歳からとなると、ジャニーズに入る前から行為を受けたことになります。

どう考えてもおかしいですし、嘘を言ってると思われても仕方がありません。

期間は非常に重要な情報ですし、それがブレてしまったら信憑性が一気に揺らぎますし胡散臭いです。

12歳だったら小学6年生、14歳だと中学2年生でかなりの差がありますし、これを間違えるのは無理があるような気がします。

思春期で多感な時期ですし、こういった間違いをするのは怪しさ満載です。

被害の声を上げるなら、正確な情報を出すべきですよね。

この辺も、おかしいなどの声が続出です。

 

理由④:退所理由も二転三転

石丸志門氏のおかしいと言う声は、退所理由などもありますね。

石丸志門氏が事務所を辞めた理由について、自身のブログで「バックダンサーを辞めたいと言ったらクビになった」とありますが、週刊誌のインタビューで、「忍者に入ることを断ったらクビになった」と発言。

退所する理由なんて忘れることはありませんし、それが二転三転することはおかしいです。

当時の記憶も曖昧でしょうし、ジャニーさんから加害を受けたのも本当かどうか分かりません。

退所は人生において大きな出来事でしょうし、その時の記憶はちょっとやそっとじゃ忘れることがないはずです。

この辺も、石丸志門氏が胡散臭い・おかしいと言う声が上がる理由の一つです。

このような理由で、石丸志門氏は数々の矛盾点があるため、世間で胡散臭い・怪しいと思われるんですね。

発言内容がコロコロ変わる人の心理は、何かをごまかそうとしたり、隠す意図がある可能性が高いです。

核心を突かれそうになると「それとは違って・・・」などと切り抜けようとするため、話すたびに発言内容が変わってしまいます。

 

平本淳也にも数々の胡散臭い点が

当事者の会のトップを務める平本淳也氏ですが、色々と胡散臭い・おかしい点が多いです。

平本氏は13~20歳まで事務所に在籍でしたが、1986年に退所後は「ジャニーズおっかけマップ」といった事務所への入り方などを解説した本を監修。

さらに、自身の弟も事務所に加入させたり、本当に性被害を受けたのか疑いが残るような行動があるんです。

自分が行為を受けたなら、そんな組織に誰かを入れようとは思わないはずです。

自分の家族ですし、本当に加入させるとしたら鬼畜でしょう。

また、BBCに取材を受けた際には、「僕はそこまでやられてない」と発言。

「マッサージをやってもらったレベル」と言ってるので、そこまで深刻な状況ではないと思ってたフシがあります。

しかし、別の取材で行為を受けたことを伺わせる発言をしたり、発言が二転三転するため一貫性がありません。

嘘を隠すためにまた嘘を重ねて、自分でも何を言ってるのか理解できないんでしょうか。

短期間で意見がコロコロ変わる人は信用できませんし、世間の人達もおかしいと感じるに違いありません。

また、事務所側が被害者の在籍確認を行うとしたさいにも、自分たちで在籍確認をすると言い出しました。

被害補償を行う際には、本当に在籍があったのか、在籍期間がどれくらいなのか、といったことを確認しなければいけません。

その確認を自分たちで行おうとするのは、被害を捏造するのではと疑われるわけですね。

このように、平本氏はおかしいなどの声が多く出てますね。

さらに、石丸志門氏と同様にジャニー氏のお別れ会に参加し、その後にはトークイベントまで開催。

色々と胡散臭い理由が、多すぎますよね。

トップの平本淳也氏と副代表の石丸志門氏の両方が胡散臭いため、当事者の会は色々とおかしいとの声が出るのです。

 

石丸志門は生活保護で金目当てなのか?

石丸志門氏は、17歳で事務所を辞めた後、どんな仕事もうまく行かず色々な職を転々としたそうです。

そして、20年前に重度の鬱病にかかって障害者認定となり、現在では生活保護を受給し暮らしてます。

石丸志門氏が週刊誌フラッシュの取材を受けた際には、築30年で家賃3.7万円のボロアパートに住み、月に10万円くらいの障害者年金と生活保護費での生活でした。

石丸志門氏がお金に困ってることは事実のようです。

そういった理由からか、メディアへの露出が増えて以降、石丸志門氏のお金に関しての意見が目立ちます。

自身のブログでは、「生涯に渡って中流階級並みの金銭保証、最新精神治療の提供、謝罪を要求する」などと書き込んだり、東山紀之氏との面談の際には「SMILE-UPに入社させてほしい」などと発言したそうです。

とにかく、石丸志門氏はどんな場面でもお金を要求するんですね。

生涯にわたっての金銭保証とか、どう考えても要求しすぎでしょう。

そして、2023年10月5日にYouTubeチャンネル『ArcTimes』の生配信に出演した際には、

石丸志門氏は「お金が目当てです」とはっきりと発言したんです。

これまでの日本の判例では満足できず、海外の裁判と同じような金額を希望するとも語りました。

日本で子供に対する虐待の慰謝料は300万円くらいが相場ですが、海外の裁判だと億を超える判例なども出ております。

石丸志門氏はそれを狙ってるとのことですし、お金が第一で行動することがわかりますね。

 

石丸志門にとってジャニーズは人生のすべて

現在では当事者の会を結成するなど、敵対する石丸志門氏ですが、彼の人生はジャニーズがすべてと言えるものだと思います。

辞めても「元ジャニーズ」の肩書きを売ってますし、ことあるごとに事務所への感謝や思い出を語り続けてきました。

2006年に開設された石丸志門氏のブログ「ジャニあっく!」では、現在まで17年にわたってジュニア時代のことを書き連ねてます。

ブログに書かれてたことは、ジュニア時代は常にトップで一目置かれてたとか、どれだけジャニー氏に気に入られてたか、現役のジャニタレに対し上から目線で苦言を呈するなどの内容でした。

活動期間が3年しかなかったのに、それ以降もずっとジャニーズ愛をアピールし続けてるわけです。

平本淳也氏がジャニー喜多川氏の性加害を暴露した際には、裏切り行為だとして石丸志門氏が激しく叱りつけたとされてます。

その後、石丸志門氏もジャニー氏の性加害をカミングアウトしますが、「気に入られることがステータス」「自分が評価されると性加害は気にならなくなった」「親にジャニーさんの性癖を聞いてたし覚悟を持って入所した」などといった内容でした。

石丸志門氏は決してジャニー氏を恨んでる様子はなく、むしろ自分の評価のために性加害を積極的に受け入れてたわけです。

しかし、問題が大きくなってお金が取れそうだと思った途端、当事者の会を結成し金銭的保証を求めるようになりました。

この一連の行動を見ると、石丸志門氏は胡散臭い・怪しいと思われることは仕方がありませんよね。

性加害に真剣に悩んでるならわかりますが、石丸志門氏に至ってはそんなことはないと思いますし、お金のために手のひらを返したのなら誰も信用しないでしょう。

 

まとめ

石丸志門が胡散臭いし怪しい理由なぜ?

以上、「石丸志門が胡散臭いし怪しい理由なぜ?生活保護で金目当ての真相は?」を紹介しました。

石丸志門氏は言動がコロコロ変わっており胡散臭いですし、怪しい印象を持たれることは仕方ないでしょう。

なぜ執拗にお金を要求するのかと思ってましたが、生活保護を受けて金銭的に困ってる理由があったわけです。

こんな理由があったら、金目当てと思われるのも仕方がありません。

この件はしばらくは解決しないでしょうし、今後も動向を見守って行こうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました