PR

葬送のフリーレンのソリテール戦の最後とは?命乞いして死亡したのか解説

葬送のフリーレンのソリテール戦の最後とは? アニメ

数々の魔族キャラが出てくる葬送のフリーレン。

ソリテールはその中のひとりで、可愛らしい女の子のような見た目です。

その見た目とは裏腹に、数え切れないほどの人間を殺してきました。

圧倒的な力でフリーレンを追い込むなど、信じられないほどの強さがあります。

しかし、ソリテールは自分が死亡する時が来たら命乞いすると宣言したため、どのような最後を迎えたのか気になっている人が多いようです。

彼女は、本当に命乞いをして死亡するという最後を迎えたのかを調べてみました。

葬送のフリーレンでも屈指の可愛いキャラなので、要チェックですよ!

 

葬送のフリーレンのソリテール戦の最後とは?

大きな力を持っている魔族の彼女は、どのような最後を迎えたのか。

ここからは、戦闘の結末について解説します。

 

ソリテールはフェルンの攻撃により死亡

黄金郷のマハトによる「万物を黄金に変える魔法」を解析したフリーレンは、黄金化したデンケンを救出しました。

そして、マハトはデンケンに任せて、ソリテールと戦うことになります。

デンケンを警戒したソリテールは、早く戦闘を終わらせようと「魔力を当てるだけ」の最強魔法を放ったのです。

大魔族なのに用心深い性格をしており、油断も隙もない冷静沈着な狡猾さもあるんですね。

2人の力量に大きな違いはありませんが、ソリテールはパワーのコントロールが抜群で、防御魔法を簡単に貫通して重症を負わせました。

さらには、鉄壁の防御魔法により、ほとんどの攻撃を打ち消してしまいます。

常軌を逸した魔法力で、フリーレンは防戦一方となりました。

その後、「フェルンとシュタルクを殺した」と嘘をついて動揺を誘い、フリーレンも魔力を当てる魔法を放って応戦します。

フリーレンは「高圧縮の人を殺す魔法」が有効だと気づきましたが魔力の盾に阻まれたので、隙をつくために城塞都市ヴァイゼの黄金を全て解除。

そして復活したフェルンが、探知範囲外からの長距離射撃でソリテールを撃ち抜いたのでした。

じゃんぐ郎
じゃんぐ郎

フェルンの魔術制御と速射性能があってこその勝利ですね!

 

ソリテールは無名の大魔族

ソリテールは人類の研究を長年行っており、魔法理論についても熟知しているのです。

そのため、50年以上も破られなかった城塞都市ヴァイゼの結界を、解析・解除してマハトを救出することができました。

これだけの実力を持っているにも関わらず、一般には名前が知られていない無名の大魔族だったのです。

しかし、無名だからといって侮ってはいけません。

長い年月を生きている魔族なのに人間側に記録がないのは、遭遇した者が皆殺しになっているからです。

事実、遭遇したフェルンは、彼女から物凄い死臭を感じていました。

フェルンとシュタルクの2人がかりで挑みましたが、まったく刃が立たず重症を負っていましたね。

じゃんぐ郎
じゃんぐ郎

かわいい顔なのに残忍すぎてヤバいです。

ソリテールは人類について研究している変わり者の魔族で、出会った人間に対しては名前や生い立ちなどの情報を聞き出そうとします。

会話から人類の習慣や文化、魔法技術を探求することが研究テーマで、そのために色々な質問をするのです。

従わない場合には、両腕を切り落としたり、動けなくなるまでいたぶるといった残酷極まりない行動をします。

これにより、言葉によって動揺を誘う方法を熟知しており、感情を動かす言葉を学習してきました。

戦闘の際にも、言葉によって動揺を誘い戦況を有利に進めようとします。

得意とする魔法は、魔力を当てるだけというシンプルながら最強の攻撃力を誇る魔法や、大剣を降らせる魔法、防御魔法や魔力の盾などです。

攻守ともに優れた魔法を持っており、フリーレンでさえも押し負けるほどでした。

人間が使う防御魔法を習得したり人類の叡智の結晶である結界を破るなど、相当な研究家である事がわかりますね。

 

葬送のフリーレンのソリテールは命乞いして死亡したのか解説

ソリテールは戦っている時、自分はいつか人類に狩られる日が来ると語り始めます。

その時が来たら、「泣きながら命乞いしようと思っている」と言うのです。

そしてフリーレンに、今日自分を狩ることになったら心境を教えてと依頼しました。

「私は仲良くなりたかっただけなんです。ただやり方が分からなくて」などと、命乞いのシミュレーションまでやりだす始末。

フリーレンは数え切れないほど聞いた言葉だと言い放ちますが、命乞いに耳を傾ける事なく殺し続けてきたなら君の精神も人類とかけ離れていると反論されます。

それを聞いたフリーレンは、これは会話ではなく檻の中の動物の反応を見ているのと同じだとこき下ろしたのでした。

魔族にとっての言葉は人間を欺くための道具に過ぎないので、何の意味もないことを見抜いたのですね。

実際、フェルンの攻撃で瀕死の重傷を負ったソリテールは、命乞いすることなくとどめを刺されました。

彼女は「フェルンとシュタルクを殺した」など、動揺させるための嘘をついたり、巧みに言葉を操っていましたね。

命乞いもその一環で、相手を欺くためのデマカセだったのでしょう。

 

まとめ

以上、「葬送のフリーレンのソリテール戦の最後とは?命乞いして死亡したのか解説」でした。

ソリテールは、可愛らしい少女のような見た目なのに、じわじわなぶり殺しにするほど残虐な性質もあります。

最後は命乞いすると宣言していましたが、これは動揺を誘うための口実であり本音ではありませんでした。

背後からフェルンに心臓を撃ち抜かれて死亡したのです。

葬送のフリーレンに登場するキャラでもトップクラスに強いにも関わらず、最終的には油断して命を落とすことになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました