食品業界に求められている人材像とは?

食品業界に求められている人材像とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

食品業界には、大企業以上の収益を出している中小企業が少なくありません。そのため、明るく元気で失敗を恐れない向上心ある人材が求められています。

 

女性が多く活躍している業界

 

食品業界というのは、大企業と中小企業が市場をすみ分けて共存共栄している業界です。大企業と中小企業は、製造業のようないわゆる垂直関係にあるのではなく、それぞれの得意分野で水平分業の関係を築いて発展してきたのです。

 

このため、全国的にはあまり知られていない食品メーカーでも、商品開発力やマーケティング力で地域名産品を生み出し、それを伸ばすことで地域経済に貢献している企業が多く存在します。一般的に、ブランド力と宣伝力がメーカーの盛衰を左右するといわれています。

 

食品業界に求められている人材像とは?

 

しかし、食品業界の場合は、外食産業向けの業務用食材や中食産業向けの調理用食材など、消費者に直接結びつかない市場領域や、大企業が進出できない小規模な特定領域に高収益を見込める場合が多く、そうした領域で事業展開し利益を出しているメーカーも多いのです。

 

このように大企業と中小企業が共存できるのは、定温輸送技術や定温物流網の発達やインターネットの普及が、企業規模や立地に関係なく企業力で競争できる市場環境を構築したからといえるでしょう。

 

 

さて、こうした食品業界は、昔から比較的女性の活躍の場が多い業界であったともいえます。女性の経営者や管理職も多く、性別による待遇の差というのは他業界に比べ極めて小さいでしょう。求められる人材としては、何はともあれ人間と食べ物が好きな、アイデア豊かな人です。そして、多少の失敗ではへこたれない、ポジティブな人です。



このエントリーをはてなブックマークに追加