PR

40代のフジロック2024おすすめの服装とは?装備や過ごし方も紹介

40代のフジロック2024おすすめの服装とは? イベント

日本最大級の音楽フェスであるフジロックは、10万人以上が来場するビッグイベントです。

音楽フェスは若者だけのものと思われがちですが、実際にはそんなことはありません。

40代以上の以上の参加者も非常に多いですし、何歳からでも楽しめるイベントとなっています。

ただ、40代からフジロック2024へ参戦するなら、服装や装備に気をつけないと体力的に厳しいかもしれません。

昼と夜の寒暖差が激しい場所なので、体温管理や過ごし方を間違ってしまうと体調を崩してしまうことがありますね。

フジロック2024に行く人へ向けて、服装や装備、過ごし方について紹介します。

 

40代のフジロック2024おすすめの服装とは?

フジロックが開催されるのは、新潟県の苗場スキー場という山の中です。

7月下旬の真夏なので暑いと思われがちですが、標高1000mなので日中でもひんやりしていることがありますし、夜になると半袖ではいられないほど気温が下がることもあります。

舐めてかかると風邪を引いてしまい、体調を崩す原因となるので気をつけないといけません。

これから、フジロックに参戦する際の服装について解説します。

 

日中の服装

日差しが強い日中の服装については、以下を参考にしてください。

  • 帽子
  • サングラス
  • フェイスカバー(タオル)
  • 長袖シャツ(アームカバー)
  • 長ズボン(レギンス)
  • 登山靴

直射日光で体力を奪われてしまうため、日差しを浴びない対策をすることが大切です。

帽子とサングラスは必須で、紫外線から頭と目を守りましょう。

そして、忘れがちなのが首周りで、フェイスカバーやタオルなどを巻いて首を覆うようにします。

これだけでも熱中症予防になりますし、日焼けも最小限に抑えることができますね。

じゃんぐ郎
じゃんぐ郎

見た目は怪しくなってしまいますが、紫外線対策はちゃんとしましょう。

そして、長袖シャツと長ズボンにすることも大切です。

来場者の多くは半袖Tシャツを着ているのですが、このスタイルはあまり良くないと思っています。

会場周辺には蚊やアブ、ブヨなどがたくさん生息しており、肌を露出していると刺されてしまうからです。

日焼けして体力を奪われることにもなるので、肌を出さないように袖のある服装を心がけましょう。

ただ、半袖シャツにアームカバーをしたり、半パンの下にレギンスを履くなどすればOKですし、露出を極力抑えるようにしてください。

シャツは汗を吸収しやすいコットン素材のもの、乾きやすいコンプレッションシャツなどがおすすめです。

じゃんぐ郎
じゃんぐ郎

40代を過ぎるとシミになりますから、日焼けは避けたほうが無難です。

靴に関してですが、スニーカーやサンダルではなく登山靴を履いたほうが良いです。

苗場スキー場は山ですし、地面がゴツゴツして足場が悪いので、ちゃんとした靴を履かないと怪我をするかもしれません。

とんでもなく広い会場なので歩く距離も長いため、登山靴を履いておくと安心です。

ちなみに、トレッキングシューズのKEENが、フジロックと提携してサンダルを販売しています。

グリップがしっかりして歩きやすいため、こういったものなら履いていっても大丈夫ですね。

 

日が落ちてからの服装

日中とは違って、夜になると一気に気温が下がるのがフジロックの特徴です。

防寒のために、以下の服装を用意しておいてください。

  • 着替えのシャツ
  • ウインドブレーカー
  • ライトダウンジャケット

日中は強い日差しとライブでテンションが上っているので、かなりの汗をかいているはずです。

汗で濡れたままの服装だと、気温が下がったときに風邪をひいてしまうため、暗くなってきたら着替えるようにしてください。

気持ちが高ぶっていると汗で濡れていても気にならず、ついそのままで過ごしてしまいがちです。

少しくらい肌寒くても、お気に入りの音楽をライブで聴いていたら何も感じません。

しかし、その間にも体温は下がっていますし、気づいた頃には風邪を引いているということになるわけです。

また、それでも寒い場合にはウインドブレーカーなどの風を通さない上着を着ます。

苗場スキー場は強い風が吹きがちの場所のため、夜になると冷たい空気が体にあたって寒いです。

ウインドブレーカーなら少々の雨ならしのげますし、1枚あると便利ですね。

たまに20℃以下まで気温が下がることがあるので、そういった場合に備えてライトダウンジャケットなどがあると良いです。

じゃんぐ郎
じゃんぐ郎

夜の防寒対策は疎かにしないでください!

 

雨が降った場合の服装

フジロックでは、雨の対策は必須となっています。

天気予報が晴れであっても山は雨が降ることがありますし、実際に例年のフジロックでは土砂降りに見舞われる事が多かったです。

地面が一面水たまりになるほど水没することもあり、ちゃんと対策しないとずぶ濡れになるかもしれません。

  • レインウェア
  • レインブーツ
  • 防水ポーチ(ジップロック)

レインウェアは絶対に持っていくべきですが、上半身だけのポンチョのようなものは避けたほうが良いです。

足元が濡れてしまいますし、地面の泥をはねてズボンも汚れてしまいます。

できれば、上下に分かれているレインウェアを持っていくと、しっかりと雨を防ぐことができますね。

自分の汗が蒸発せずにレインウェアの中が汗だくになることもあるので、できれば透湿性の高いゴアテックス製のジャケットなどがあると良いです。

荷物も濡れてしまいますから、雨が降ったときにはクロークに預けるか、ゴミ袋などをかぶせて浸水対策をしないといけません。

じゃんぐ郎
じゃんぐ郎

フジロックは3日とも雨が降ることがあるので注意です!

雨が降ると地面がぬかるみますから、普通のスニーカーなどでは水没して大変なことになります。

先述したように、登山靴を履いていれば防水効果があるので、多少の水たまりであっても浸水することはありません。

より万全な対策をするなら、膝丈のレインブーツを持っていきましょう。

横殴りの雨でも耐えられますし、泥がはねてもズボンが汚れることはなくなります。

折り畳める軽量のレインブーツがあるので、そういった物があると安心です。

あとは、スマホや財布が水没してしまわないように、防水のポーチがあると良いですね。

モバイルバッテリーなどの電子機器は濡れると壊れるので、防水ポーチなどで濡らさないようにしなければいけません。

節約するなら、ジップロックなどでも十分でしょう。

 

40代のフジロック2024の装備や過ごし方は?

フジロックでの服装を説明しましたが、ここからは会場内での装備や過ごし方について解説をしていきます。

少しでも快適にフェスを楽しむためにも、知っておくべき点をまとめてみました。

 

会場内ではミニバッグを持ち歩く

上記で説明した上着や雨具など、すべてを持ち歩くとなると相当な重さとなってしまいます。

25Lくらいのバックパックがパンパンになるくらいの量ですし、これを持って会場を動き回ると体力を消耗してしまうはずです。

しかし、会場内ですべての荷物を携帯する必要はありません。

上着や雨具などはクロークに預けておき、必要になったときに出すようにしましょう。

なので、会場内で行動する際には、最小限の荷物にして動きやすくすることが大切ですね。

小さめのバッグを持っていき、そこに荷物を入れるようにしてください。

最小限の荷物とは、以下のようなものです。

  • 財布
  • スマホ
  • モバイルバッテリー
  • 日焼け止めクリーム
  • 常備薬(目薬、ハンドクリーム、リップ)
  • フェイスタオル
  • ティッシュ
  • 虫除けスプレー
  • 救急セット(絆創膏、消毒液)

これらを入れるバッグとして、サコッシュがおすすめです。

肩からぶら下げられるので両手がフリーになりますし、かなりの容量が入るので余裕があります。

背負うタイプのバッグだと後の人に当たることがあるので、自由に位置を変えられるショルダータイプがベストだと思いますね。

ウエストポーチなどを持ち歩く人もいますが、そもそも容量が少なすぎるのでパンパンになってしまいます。

大きく膨らんだウエストポーチって不格好に見えてしまいますし、すごくダサいですよね。

音楽フェスはスタイリッシュに楽しむものだと個人的には考えているので、サコッシュなどでスマートに荷物を持ち運ぶのが吉です!

フジロックの持ち物リストは、以下のページでも紹介しています。

 

こまめに休憩してマイペースを守る

フジロックは前夜祭も含めると4日間の大規模イベントで、4つのメインステージの他に小さいものも含めると10以上のステージがあります。

これらを移動しながら鑑賞していくと、間違いなく疲れてしまいます。

若い人ならぶっ通しで遊んでも大丈夫でしょうが、40代であれば間違いなく体に支障が出てくるでしょう。

なので、疲れを感じたらすぐに休むことをおすすめします。

ピラミッドガーデンやストーンサークルならお酒を飲んでゆったりできますし、その辺に座って休んでも構いません。

河原で水遊びをしながら、ボーっとするのも良いでしょう。

「疲れるからもう行きたくない」と思うのか、「楽しかったしまた行きたい」と思うのかは、自分次第でどうにでもなるということです。

200組以上のアーティストすべてを観るのは不可能ですから、無理のない範囲で自由に楽しむようにすれば良いでしょう。

 

まとめ

以上、「40代のフジロック2024おすすめの服装とは?装備や過ごし方も紹介」でした。

フジロックは若者だけでなく、40代以上の人でも十分に楽しむことができるイベントです。

40代だと体力を消耗しないように気をつける必要があり、そのために服装や装備などにはしっかりと注意を払わないといけません。

自分のペースの過ごし方を意識すれば、きっと楽しいフェスになると思いますよ。

2024年のフジロックも盛り上がること間違いなしなので、一生の思い出を作ってきてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました