PR

フェルンがめんどくさい理由!なぜ嫌いな人が多いのかも調査

フェルンがめんどくさい理由! アニメ

『葬送のフリーレン』は、原作・山田鐘人氏、作画・アベツカサ氏によるマンガで、2023年10月からアニメ化もされました。

勇者ヒンメル一行が魔王を倒したその後のストーリーを描いており、かなり珍しい設定で人気ですね。

1000万部を超えたコミックス、アニメも世界中で大人気なのに、魔法使いの女の子フェルンのことが嫌いな人は多いようです。

フリーレンの弟子でメインキャラクターなのに、何が理由で嫌われるのでしょうか?

可愛らしい女の子なのに、なぜか読者からはめんどくさいと物議を醸しているのです。

ここでは、めんどくさいと言われるフェルンの実態と、嫌いと言われる理由はなぜかを調べました。

 

フェルンがめんどくさい理由とは?

フェルンは、フリーレンと一緒に旅をしている女性です。

戦争孤児で天涯孤独の身でしたが、僧侶ハイターと出会って一緒に暮らしながら魔法使いとして修業をするようになりました。

その後、ハイターの元へやってきたフリーレンに弟子入りし、一人前に成長します。

魔力制御や速射能力がずば抜けており、魔法のスキルは非常に高いですね。

フェルンが15歳になった頃、僧侶ハイターが亡くなってしまい、それからフリーレンと一緒に行動を共にするようになりました。

あまり感情を表に出すタイプではなく、静かに怒り出すタイプで仲間からは恐れられています。

普段から変わった性格で、他にも面倒くさいと思われる理由がたくさんあるので紹介しますね。

 

フェルンがめんどくさい理由①:機械的な対応

北側諸国エング街道にて、フリーレン一行は土砂崩れで塞がった道のガレキの撤去を行いました。

その際に、フェルンが「シュタルク様、こっちを手伝ってもらっていいですか?」と問いかけます。

そこでシュタルクは、「様ってのやめてくれない?」とクレームをつけると、「シュタルク、さっさとこっち手伝って」とタメ口をききました。

あまりの切り替えの早さにビックリですよね。笑

シュタルクは「もっと愛想よくしてくれよ」と再びクレームをつけますが、フェルンは「面倒くさいなこいつ」と小声でつぶやきました。

どっちもどっちかもしれませんが、フェルンが面倒くさいと思われるようになったキッカケですね。

関係性ができているからこその冗談とも取れますし、これくらいなら可愛いものなのかもしれません。

 

フェルンがめんどくさい理由②:目上の人に対するあり得ない対応

シュタルクが、18歳の誕生日を迎えたときのこと。

そこでフリーレンは、『服だけ溶かす薬』をあげようとしますが、フェルンはその薬を取り上げて頭にぶっかけるという対応。

「この下品な薬、買ったときに返品しろって言いましたよね」と捨て台詞を吐いて、部屋から出ていってしまいました。

いきなり薬をぶっかけるというのは、ヤバすぎる対応でビックリですよね。

フェルンは下ネタが嫌いですし、それで怒ってしまったのかもしれません。

ただ、フリーレンは師匠ですし、流石にやりすぎといった感じでしょうか。

急にこんな対応をしてくると、周りの人は気を遣いますし面倒くさいですよね。

 

フェルンがめんどくさい理由③:コロコロ気持ちが変わる

その後、フェルンはシュタルクと合流して「誕生日に何か欲しい物ありますか?」と尋ねますが、シュタルクは「誕生日と欲しい物って関係ある?」と不可解な回答をします。

これに気を悪くしたのか、「なんかムカつくからあげない」と発言。

単純にシュタルクは、子供の頃からプレゼントをもらったことがなく、そんな習慣がなかっただけなのでした。

普段から自分の気分で周りを振り回しており、コロコロと対応が変わるのが難点です。

その後、誤解が解けたシュタルクは、フェルンからプレゼントを買ってもらえることになります。

でも、アクセサリー屋さんでブレスレットを選びますが、フェルンから「それは高いからダメ」と拒否されてしまうのです。

どっちやねんって感じですよね。笑

フェルンは気まぐれで気持ちがコロコロ変わるため、周りの人からは面倒くさいと思われます。

しかし、ブレスレットはちゃんと買っていたため、本当は優しい女の子なんですけどね。

 

フェルンがめんどくさい理由④:怒るとなかなか機嫌が直らない

北側諸国ラート地方の町にて、フェルンは誕生日を迎えました。

しかし、仲間たちは何も買っておらず激怒。

それから街へ買い物へ行きますが、ザインが選んだポーチに対して「女慣れしていそうで不快」と吐き捨てました。

シュタルクから買ってもらう際にも、フェルンから「好きに選んで」と頼んだのに、選んだものに納得せずに3時間もかかったようです。

素直じゃないというか、面倒くさいですよね。

本当は嬉しいのでしょうが、ストレートに感謝を表現するのが苦手なようです。

 

フェルンがめんどくさい理由⑤:怒ると口を利いてくれない

『一級魔法使い試験』の合間のこと、フリーレンが寝坊して買い出しができなかった際に、フェルンは怒って口を利かなくなります。

フリーレンは朝が弱く寝坊の常習犯なので、以前からイライラしてたのかもしれません。

シュタルクは機嫌を直すために仲裁に入りますが、フェルンは「おやつ食べたい」と一言。

これにはシュタルクも、「面倒くさいこの人」と呆れることに。

親切心で仲裁に張ってくれたのに、さらにおやつまで要求するとはヤバすぎますよね。

お菓子屋さんへ行って選ぶ際にも、「別にどれでも」と言ったのにどれでも良くない流れのため、シュタルクは困っていました。

感情を表現するのが苦手なので周りに察してほしいと思っており、上手く察してくれないと不機嫌になるという負のループが続きます。

 

フェルンがめんどくさい理由⑥:周りに対して気を使わせる

北側諸国ザンフト大森林で昼食の準備の際に、シュタルクは川へ魚を釣りに出かけます。

そこで、水浴びをしているフリーレンとフェルンに鉢合わせました。

年頃の女性の体を見たわけで、シュタルクにも問題はありますよね。

シュタルクの謝罪にフェルンは「別に怒っていません」と言うも、その後は気まずい雰囲気となります。

鈍感なフリーレンでさえ空気の悪さに気づくほどで、フォローに入っていました。

周りを気まずくさせるのは、性格の幼さゆえでしょうか。

本当に独特な性格で面倒くさいと思います。

 

フェルンがめんどくさい理由⑦:余計な一言が多い

北側諸国の城塞都市ハイスにて、何日か滞在することになって暇な時間ができました。

フェルンは「明日は丸一日暇ですね」と思わせぶりなことを言うも、シュタルクは「武器屋に行こうかな」と素知らぬ対応。

するとフェルンは、「だから明日暇なので、構ってください」と、察しろと言わんばかりのセリフを吐いて「本当に気が利きませんね」と追撃まで加えます。

当たりのキツさに、シュタルクはウンザリしていました。

かなり面倒くさいと思ったことでしょう。

彼女は自分から要求せずに察してくれるのを待つタイプなので、思うように気づいてもらえないと不機嫌になります。

よほど洞察力のある人でないと、彼女を満足させるのは難しそうです。

 

フェルンのことをなぜ嫌いな人が多いのか?

これまで見てきたように、フェルンは独特な性格をしているために、読者からすると「面倒くさい女」「嫌いだ」などと思われがちなようです。

たしかに、すぐに機嫌が悪くなりますし、思い通りにならないと冷酷な言動をしたりなど、問題点はいくつもありますね。

一般常識から外れた言動をするため、不快に感じる人が多いのだと思います。

ネット上では、「不機嫌で人をコントロールする」と評されていました。

不機嫌になって周りを威圧して、自分の有利な状況に導いていく手法を取っているんですね。

怒って口を利かなくなったり、いつまでも機嫌が悪かったりすると、周りが気を遣って言うことを聞くようになります。

自分が要求するのではなく、他人が折れてくれるのを待っているやり方です。

本人は悪気なくナチュラルにやっているのでタチが悪いですね。

ただ、フェルンは戦争孤児で幼い頃に両親を失っており、親の愛情を受けて育っていません。

そのため、他人と接するときの距離感が分からなかったり、どういう対応をすれば良いのか戸惑ってしまうのだと思います。

そんなフェルンも仲間たちと旅をする中で、少しずつ大人になっていき人の気持ちが分かるようになってきました。

これからも彼女は成長しますから、しっかりと見守りましょう!

 

まとめ

以上、フェルンを嫌いな理由はなぜか、めんどくさいと言われる理由などを解説しました。

人気のキャラクターなので、なぜ嫌いかわからない人もいるでしょうが、理由を説明すれば納得していただけたはずです。

フェルンは独特な性格をしているので、「面倒くさい」「嫌い」と思っている人が多いのですね。

めんどくさいのも含めて可愛いキャラクターですが、今後の彼女の成長を見届けるのも『葬送のフリーレン』の楽しみ方の一つだといえるでしょう。

これからの展開はすごく楽しみなので、見逃さないようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました