PR

グレイトギフト最終回結末ネタバレあらすじ!球菌を持ち込んだのは病院関係者?

グレイトギフト最終回結末ネタバレあらすじ! ドラマ

木曜ドラマ『グレイトギフト』は、黒岩勉さんが脚本を務める医療ミステリーです。

病理医の藤巻達臣は、亡くなった元総理大臣の愛宕克己の死因を調べていた際、新種の殺人球菌を発見してしまいます。

この球菌がきっかけで病院の覇権争いや金儲けに利用され、人間の闇の部分が浮き彫りになるドス黒いあらすじですね。

ネット上では、「結末が気になる」「早く最終回が見たい」などの意見が多いです。

というわけで、グレイトギフトのネタバレや最終回・結末について考えていきます。

毎週のあらすじ・ネタバレを追加するので、見逃した方はこのページを読むだけで内容を理解できますよ。

 

グレイトギフトのあらすじ

『グレイトギフト』は、原作なしのオリジナルストーリー。

脚本は黒岩勉さんで、『LIAR GAME』や『謎解きはディナーのあとで』、『ストロベリーナイト』などの話題作を手掛けたヒットメーカーです。

大学病院を舞台としたストーリーで、主人公で病理医の藤巻達臣(反町隆史)が、不審死した患者からとんでもないものを見つけてしまいます。

患者の首筋にあった黒ずみを調べると、新種の殺人球菌『ギフト』を発見したのです。

この球菌が人間の体内に入ると急性心不全を引き起こして死に至り、その球菌は跡形もなく消滅してしまいます。

なんと、証拠を残さずに人を殺すことができる恐ろしい殺人球菌だったのです。

それから病院内では、殺人球菌が原因と思われる心不全による不審死が続出するようになり、藤巻はとんでもないことに巻き込まれてしまいます。

ギフトを利用して病院の実権を握ろうとする医師や、ギフトを使った金儲けを企む権力者など、色々な欲望を持つ人間が登場してくるんですね。

藤巻は殺人球菌をめぐる争いをどのように切り抜けるのか、殺人球菌をばらまいた人物は誰なのか、手に汗握る展開に目が離せません。

緻密に計算された伏線や予想外の展開など、脚本の黒岩勉さんが得意とするストーリーで、嫉妬や裏切り、復讐などが複雑に絡み合ったドロドロした人間模様が描かれているようです。

近年ではコロナ騒動などがあり病原菌などに対する意識も高まっていますから、殺人球菌をテーマとしたドラマはタイムリーで面白そうですよね。

人間の恐ろしさが感じられるストーリーで、所々に伏線も張り巡らされているので、どのような展開があるのか予測しながら見るのが良いでしょう。

 

グレイトギフト第1話のあらすじ・ネタバレ

第1話のあらすじとネタバレを紹介していきます。

 

あらすじ

明鏡医科大学付属病院で、元総理大臣の愛宕克己(山田明郷)が急死したことから物語は始まります。

死因を特定するために病理医の藤巻達臣(反町隆史)が遺体の解剖を行いますが、検査技師の久留米穂希(波瑠)は他殺の可能性を指摘しました。

というのも、愛宕の遺族と不倫相手の安曇杏梨(倉科カナ)が遺産相続を巡って対立しており、遺族側が殺人事件だと院内で騒いでいたのです。

遺体を解剖していた藤巻は、右頸部にあった黒ずみに注目し検体を採取します。

黒ずみの検体を調べた藤巻は謎の球菌を発見しますが、採取から1時間後に自然消滅してしまったのです。

あらすじとしては、正体不明の未知の球菌が登場することからストーリーが始まります。

これが殺人事件だとすれば、誰かがこの球菌を使用したわけですから、どのような目的で作ったのかが気になりますね。

 

ネタバレ

藤巻は会員制ラウンジ『アルカナム』で、理事長の奥野信二(坂東彌十郎)に愛宕の死因が新種の球菌である可能性を伝え、感染拡大を防ぐために国の調査機関に依頼するように提言。

しかし、奥野理事長は公表すると社会がパニックになることを恐れ、球菌の感染経路や性質を調査するように藤巻に伝えました。

その際に、アルカナムのオーナーで愛宕の愛人でもあった安曇杏梨から、愛宕の遺体に会いたいと言われたため遺体と対面させることに。

遺産相続で争っていた杏梨には、愛宕を殺す動機がありますよね。

でも、球菌を作ることはできないでしょうから、他に協力者がいるということでしょうか。

一方、入院している藤巻の妻である麻帆(明日海りお)は、心臓機能が低下しており命の危険にさらされていました。

心筋細胞シートを使えば手術ができるのですが、十分な安全性の確認が取れないために厚労省の許可が下りません。

その後、球菌の調査をしていた藤巻は、球菌が口から入って胃から血管に侵入し、心臓へ到達して心不全を引き起こすことを突き止めました。

それから球菌は、右頸部に集まり皮下組織に嚢胞を作って休眠することから、黒ずみができるというわけですね。

藤巻は、何者かが愛宕に球菌を飲ませた殺人事件だと考えます。

奥野理事長に球菌の調査結果を伝え、藤巻は警察に通報することを求めますが、院内での殺人事件を隠蔽したい奥野理事長は調査したデータをすべて削除することを命令。

それを聞いた藤巻は、妻の麻帆への心筋細胞シート使用許可を出せという条件を出し、データを削除することを承諾しました。

うだつの上がらない病理医の藤巻ですが、理事長を脅迫するというのはすごいですね!

おかげで妻の手術を行うことができます。

そんな中、また院内で殺人球菌の犠牲者が出てしまい、藤巻は奥野理事長から球菌をばらまいている人物を見つけろと言われてしまいます。

悩んだ藤巻は、妻の麻帆の主治医である心臓外科の白鳥稔(佐々木蔵之介)にすべてを話すと、白鳥は証拠保全のために球菌の培養を依頼。

次の教授会で球菌の存在を暴露して、奥野理事長の解任動議を出すことを提案したのです。

教授会の直前、藤巻は白鳥に培養した球菌を渡しますが、教授会が始まった直後に奥野理事長が心不全で死んでしまいます。

なんと、白鳥が奥野理事長の水に球菌を入れていたのでした。

白鳥は金儲けや権力に溺れた医師を一掃し、自分が医療界のトップに立って日本の医療を改革したいと宣言。

この球菌のことを白鳥は、「神から贈られた偉大なるギフト」だと言いました。

殺人球菌を躊躇なく使ってしまうあたり、この球菌は白鳥が作ったものなのでしょうか?

奥野理事長の評判を落とすためとすれば、白鳥には愛宕元総理を殺害する動機もありますね。

第1話のラストでは、藤巻の元へ手紙が届き「私の球菌を勝手に使いましたね。代償を払っていただきます」とのメッセージ。

手紙には消印がないことから、病院関係者から送られたものだと推測され・・・。

ネタバレ内容としては、正体不明の殺人球菌を使って病院内の権力闘争が起きてしまったことです。

ただ、現時点では球菌を作ったのは誰か不明ですし、病院家系者である可能性が高いですね。

となると現状では白鳥が一番クロに近いと思われますが、それだとストレートすぎるので他に張本人がいるのでしょうか。

 

グレイトギフト第2話のあらすじ・ネタバレ

第2話のあらすじとネタバレを紹介していきます。

 

あらすじ

第1話で心臓外科医の白鳥稔は、ギフトを利用して奥野理事長を殺害しました。

しかし、警察の神林育人(尾上松也)が奥野を行政解剖すると言い出したため、白鳥は藤巻に対して証拠の隠滅を依頼します。

奥野の頸部に保冷剤を当ててギフトを死滅させ、死因は急性心不全で問題ないとの診断結果。

見事に証拠の隠滅に成功したのです。

その夜、白鳥と会った藤巻は、謎の人物からの脅迫状の存在を伝えました。

その人物を特定するように伝え白鳥はその場を立ち去りますが、物陰から2人を見ている謎の人影が。

さらに、久留米穂希から話があると呼び出され、自分もギフトの培養に参加したいと言われます。

穂希が敵かもしれず藤巻は拒否しますが、「球菌の存在をバラします」と脅されたため仕方なく仲間に入れることに。

あらすじとしては、脅迫状を送った謎の人物に迫っていく内容となっています。

藤巻が球菌を培養してることが色々な人にバレ始め、穂希が球菌の培養をしたいと言い始めました。

殺人球菌が広まったら大変なことになりますし、藤巻はもう少し注意したほうが良いと思いますが。

 

ネタバレ

それから、明鏡医科大学附属病院の定例会にて、亡くなった奥野の代わりに白鳥が理事長に任命されました。

権力を持った白鳥は、次の病理部の教授に藤巻を推薦することを約束し、少しずつ藤巻を取り込もうと企みます。

隣りにいた心臓外科医・郡司博光は、藤巻に対して嫉妬の目でにらみつける。

郡司は藤巻と同期ですから、先に出世されるのは許せないんでしょうね。

今まで白鳥に尽くしてきたのに、白鳥が藤巻に肩入れすることに嫉妬しています。

白鳥から脅迫状を送った人物の特定を急かされた藤巻は、病院内の来院者リストで会員制ラウンジ『アルカナム』のオーナー安雲杏梨(倉科カナ)の名前を確認。

杏梨は政財界に顔が利くため、ギフトによって亡くなった愛宕元総理や奥野前理事長とも面識がありました。

その後、白鳥の理事長就任祝いでアルカナムへ向かった藤巻は、杏梨に愛宕元総理からの多額の遺産が入ることを聞かされた直後、杏梨に愛宕元総理を殺害したと疑っていると正直に伝えます。

すると、杏梨は笑いながら否定し、次は白鳥を好きになったとあっけらかんと言い放ちました。

藤巻に提供したお酒に対して、「毒は入っていない」と告げて、杏梨は白鳥の席へ向かいます。

杏梨は自分が疑われても焦る素振りも見せず、藤巻を煽るような態度も取ります。

この行動が何を意味するのかですよね。

敵について知っているか、何か情報を持っているのかもしれません。

同じ頃、看護師長の鶴下綾香とホテルで不倫していた郡司は、綾香から藤巻が急性心不全で亡くなった患者を調べていると知らされました。

翌朝、病院へ出勤した藤巻は自分のデスクで新たな脅迫状を発見。

手紙の指示通りに一人で駐車場へ向かうと、そこにいたのは伊集院薫(盛山晋太郎)でした。

藤巻と白鳥が奥野前理事長の死に関与したと考えた伊集院は、白鳥から2人で1億円を脅し取ろうと入れ知恵します。

伊集院から1億円を要求する脅迫文を受け取った藤巻は、それを持って白鳥の元へ訪れると白鳥は要求を受け入れて金を払うことを決断。

脅迫状を送ったのは伊集院でしたが、殺人球菌には関与していませんでした。

たまたま藤巻が球菌を培養してる事に気づき、奥野前理事長の死に関わっていると睨んだんですね。

藤巻の注意不足で球菌の存在を知られていますし、もっとちゃんとしろよって感じです。

その後、研究室でギフトの入った試験管が無くなっていることに気づいた藤巻は、慌てて伊集院に電話して身の危険が迫っていることを伝えます。

実は、藤巻は駐車場へ向かう前に白鳥へ相談しており、スマホを白鳥と通話状態にしたまま伊集院と会っていたのです。

走って伊集院に追いついた藤巻は、白鳥に謝って許してもらおうと言いますが、伊集院は開き直って聞き入れません。

その直後、自分の水筒に入った中国茶を一口飲むと、心臓を押さえてその場に倒れてしまいました。

研究室からギフトを盗んだ白鳥は、中国茶の中にギフトを仕込んでいたのです。

ネタバレとしては、脅迫状を送った人物は伊集院で白鳥から金銭を要求することが目的でした。

しかし、計画は白鳥にバレてしまい、伊集院は消されてしまいます。

邪魔者を躊躇なく消すあたり、白鳥はマジでヤバすぎですよね。

 

グレイトギフト第3話のあらすじ・ネタバレ

第3話のあらすじとネタバレを紹介していきます。

 

あらすじ

ギフトにより死んだ伊集院は、急性心不全と診断されました。

警察の神林は第一発見者の藤巻が怪しいと感じ、指紋を採取して鑑識へと回します。

白鳥の暴走に激怒した藤巻は、培養中のすべてのギフトを廃棄することを告げますが、妻の麻帆の手術の許可を盾に取られ白鳥に従うしかない状態に。

そんな中、郡司から白鳥が一連の不審死に関わっているのではないかと告げられます。

白鳥は医学系大学連合会議の議長の座を狙っており、副議長の大泉篤(西岡徳馬)を次のターゲットにしていると主張。

藤巻と郡司はタッグを組み、今週末に大泉の別荘へ行くことになっている白鳥と一緒に軽井沢へ向かいます。

あらすじとしては、郡司が白鳥の犯行に気づいて藤巻と一緒に阻止するという内容となっています。

急に近づいてきた郡司は怪しいですが、何が目的なのでしょう?

 

ネタバレ

白鳥と大泉、藤巻と郡司の4人でゴルフをしている間、藤巻と郡司は白鳥の動向を注視していました。

ゴルフの後、白鳥は急用が入って一人で帰宅したため、藤巻と郡司だけで大泉の別荘に招かれることに。

事件が起きなかったことに安堵した藤巻だったが、大泉は胸に手を当てて倒れてしまいます。

なんと、郡司は大泉が飲んでいたワインにギフトを仕込んでいたのです。

藤巻が球菌を培養してることに気付いた郡司は、白鳥に報告した際にギフトについて教えられて犯行に加担していました。

郡司も藤巻の球菌に気づいていたとは、色々な人にバレまくっていますね。

もう少しちゃんと管理できないものでしょうか。

その夜、白鳥の理事長室に呼ばれた藤巻は、怒りに震えながらギフトを破棄すると主張しましたが、妻の麻帆の手術を盾に取られて白鳥に言いくるめられてしまいます。

麻帆の手術は無事に成功しましたが、「今後もどうなるかわからない」と白鳥に脅され、これからもギフトの培養を続けるように命令されました。

それから警察の神林が藤巻の元を訪れ、伊集院の水筒から白鳥の指紋が検出されたため、白鳥がやったのではと疑っていると告げられます。

そして、「毒物を作っているのは藤巻ではないか?」と疑われたのです。

藤巻は自分の置かれた状況に絶望し、研究室でギフトを飲もうとしますが、駆けつけた久留米穂希が阻止。

ギフトに固執する穂希に対して藤巻は、「君がやったんじゃないのか?」と疑いますが、穂希は「藤巻先生が好きだから」と衝撃の暴露をしました。

ネタバレとしては、郡司も白鳥サイドの人間で、大泉の殺害を許す結果となってしまいました。

追い詰められた藤巻は自分でギフトを飲もうとしますが、穂希によって止められます。

穂希が敵なのか味方なのか不明で、今後どうなるか楽しみです。

 

グレイトギフト第4話のあらすじ・ネタバレ

第4話のあらすじとネタバレを紹介していきます。

 

あらすじ

久留米穂希から「藤巻先生が好きだから、放っておけない」と言われ、藤巻は妻子がいる身なので困ってしまいます。

しかし、穂希は男性として藤巻を好きなのではなく、人間として好きなだけでした。

藤巻と穂希は居酒屋で話し合い、最初の犠牲者の愛宕元総理も白鳥が殺害したのではと疑念を抱きます。

そして、これ以上ギフトの犠牲者を増やさないために、2人でタッグを組んだのでした。

一方、明鏡医科大学附属病院では、理事長の白鳥が藤巻と郡司を教授に任命。

新理事長の白鳥は病院の改革を進め、最新の医療器材の導入、人材の補充と待遇改善など、以前よりも良い環境となりました。

医学系大学連合会議でも全国の大学病院の改革を進めて次の議長の座を狙い、政治家への根回しなども行って頂点へと上り詰める準備を行っています。

白鳥が邪魔者を排除しつつ理想の医療環境を整えていく様子を見て、藤巻は悩むのでした。

そんな中、政財界の大物が3人も急性心不全で亡くなっており、白鳥と郡司から遺体写真を見せられた藤巻は、ギフトによるものだと知って愕然とします。

しかも、そこで使われたギフトは、盗まれた藤巻のものと判明し・・・。

あらすじとしては、藤巻のギフトが盗まれて院外感染を引き起こしたということですね。

日本中に被害が拡大する恐れもあるので、かなり危機的な状況です。

ただ、白鳥は病院の改革を積極的に進めていますし、医者としてはかなり優秀なんですね。

裏ではギフトで何人も消しているのに、正義なのか悪なのか分かりません。

 

ネタバレ

ギフトを盗んだ人間を探す藤巻は、事務長の本坊巧を誘ってアルカナムへ行きました。

研究室のスペアキーを持っているため、容疑者としては一番怪しかったからです。

藤巻は「殺人球菌を盗みましたよね?」とストレートに問い詰めます。

落ち着き払った本坊は、「こちらもギフトについてお尋ねしたいと思ってました」と一言。

なんと、アルカナムの杏梨から藤巻のことを調べてと頼まれ、本坊は研究室での藤巻と穂希の会話を盗聴していたんです。

白鳥が奥野前理事長や伊集院をギフトで殺害したことも知っていました。

そしてさらに、藤巻が培養した3本のギフトを盗み出して、1本500万円で他人へ売りさばいていたことも判明。

これにより、経済界の大物3人は殺されています。

本坊は杏梨を手に入れるために、ギフトを売りさばいて金の権力を得たいと思っていました。

そこで、売上の3割を渡す条件で、藤巻に今後もギフトを作って欲しいとビジネスの提案。

藤巻が断ると、穂希がギフトに関わっていることを白鳥にバラすと脅し、「明日の20時までに小瓶3つ」と言い残して立ち去りました。

本坊はサブキャラだと思っていましたが、こんなに悪人だったとは意外すぎます。

杏梨のことを狙っているとはいえ、手段を選ばないヤバい奴ですね。

その後、背後のカウンターですべてを聞いていた郡司が登場し、白鳥に報告すると告げる。

藤巻は穂希のことは言わないように懇願しますが、その条件として郡司は「本坊に渡す3つのギフトを俺によこせ」と言って帰りました。

翌朝、病院の中庭で藤巻は本坊に偽物の小瓶を3つ渡し、その後に本物を郡司に渡します。

しばらくして本坊から着信があり、謎の男に代わり「一時間以内にアルカナムへ本物を持って来い」と言われ、本坊を人質に取られてしまいます。

藤巻はアルカナムへ本物を持っていき個室へ入ろうとしますが、待ち構えていた郡司がこれを阻止。

郡司が相手と話すことになり素性を聞くと、相手は経営コンサルタントで大手企業から政治団体まで多くのクライアントの依頼に答えているとのこと。

ギフトを求めている顧客は多いので、いくらでも欲しいと言います。

郡司は毎月10本供給することを条件に、1本1000万円という契約を交渉。

契約成立の証として乾杯することになりますが、警戒した郡司は経営コンサルタントとその部下に先に飲むように告げます。

すると、2人のグラスにはギフトが入っており、急性心不全で死んでしまいました。

郡司は藤巻と本坊に対し「白鳥理事長には秘密だ」と伝え、「俺に忠誠を誓え」と命令します。

次の理事長の座を狙う郡司は、白鳥も潰すつもりでした。

郡司の狂気の目を恐れた藤巻と本坊は、忠誠を誓うことに・・・。

ネタバレの肝としては、郡司の野心が芽生えたということですね。

これまでは白鳥の右腕として仕えていましたが、密かにトップの座を狙っていたわけです。

真面目そうだった本坊も欲望を剥き出しにしてきましたし、ギフトのせいで人間の闇の部分がさらけ出されていますね。

裏切りの連続で最終的に誰が生き残るのでしょうか?

 

グレイトギフト第5話のあらすじ・ネタバレ

第5話のあらすじとネタバレを紹介していきます。

 

あらすじ

経営コンサルタントとその部下にギフトを飲ませた郡司は、アルカナムのボーイである立花佑真(市川知宏)に遺体の処理を命じました。

そこにオーナーの安曇杏梨が現れ、郡司から頼まれてお酒を出したと告げました。

郡司は水溶性のカプセルにギフトを入れて、本坊のキープボトルに仕込んでたのです。

後はカプセルが溶ける頃合いを見て、経営コンサルタントの2人にお酒を注いだのでした。

翌日、明鏡医科大学付属病院の屋上で、郡司と藤巻、本坊の3人で密談。

郡司はギフトを密売した金で次の理事長選の票を集め、白鳥を消して後釜に座ることを計画しました。

本坊には裏金の金庫番、藤巻にはギフトを作り続けることを命じます。

それから、郡司と藤巻は白鳥の部屋へ行って、ギフトは盗まれていないと嘘をつきました。

しかし、白鳥は郡司のカバンに大金が入っているのを察知し・・・。

妻の麻帆を人質に取られ郡司に従うしかなかった藤巻は、麻帆を別の病院へ転院させようと計画します。

あらすじとしては、郡司が野心を燃やして白鳥を裏切ったことですね。

藤巻は郡司の支配から逃れるために麻帆を転院させようとしますが、うまくいくのでしょうか?

 

ネタバレ

研究室で藤巻が悩んでいると穂希がやってきて、いつもと様子が違うことに気づき「隠し事があるなら話してください」と問い詰めます。

そこに本坊もやってきて、ギフトが盗難されたこと、郡司による恐ろしい計画など、すべてを穂希に話しました。

一方、警視庁では神林と部下の月足が、財政界の大物3人が亡くなった件で、経営コンサルタントの君島の関与を突き止めます。

神林たちは君島に話を聞こうとしますが、君島の遺体は立花が処理したため行方不明。

しかし、神林は遺体の写真で首筋の黒いシミに気づき、奥野前理事長や伊集院の遺体の首筋にも同じようなシミがあることを見つけました。

奥野前理事長の行政解剖で藤巻が立ち会ったことに、何かの証拠隠滅をしたのではと疑います。

その頃、研究室では藤巻と穂希、本坊の3人で郡司への逆襲を計画。

本坊は郡司の不倫の噂を知っており、それを脅しの材料にしようと提案しました。

次の理事長の座を狙っている郡司にとって、女性スキャンダルは命取りだからです。

3人は郡司の愛人を見つけるために事情通の奈良茉莉に接触し、相手は看護師長の鶴下綾香だと判明します。

ある日の夜、郡司と密会していた綾香は、「薬で白鳥理事長を殺してあげる」と言い始めました。

なんと、最近の急性心不全は毒物によるものと理解しており、藤巻が作っているのも察知したのです。

それを聞いた郡司は「君を巻き込みたくない」と協力を拒み、しばらくは会わないほうが良いと告げました。

同じ頃、理事長室にいた白鳥は、デスクの引き出しに保管されていた箱を開き、何やら考えているようです・・・。

綾香は藤巻が急性心不全で亡くなった患者を調べてたのを知っていますからね。

藤巻の行動を怪訝な顔で見ていましたし、何かあると思ってたのでしょう。

それから、郡司と綾香を手分けして尾行を開始しましたが、2人が密会する様子はありません。

ある日、病室に白鳥と郡司、藤巻と綾香が集まり、麻帆に明日退院できると告げました。

麻帆は郡司の顔を見つめてほほえみますが、隣で見ていた綾香が睨みつけています。

藤巻は麻帆が退院すれば解放されると安堵するも、白鳥から屋上へ呼び出され郡司が裏切っているのではないかと問い詰められました。

「何も知りません」とシラを切り、白鳥は「残念です」と言い残してその場を去っていきます。

慌てた藤巻は、郡司にすべてを報告。

白鳥から麻帆の命を狙われる恐れがあるため、郡司の口から麻帆に転院を勧めるように依頼しました。

拒否して立ち去ろうとする郡司に、「不倫の事実を病院中にバラす」と脅迫します。

郡司が麻帆の病室へ向かうと、麻帆はハグをし「これからは外で会えるね」と嬉しそう。

郡司は「藤巻が俺たちの関係に気づいている」と一言。

かなりややこしくなってますね。

麻帆は郡司の元カノという話でしたが、今でも関係は続いているようです。

さらに、藤巻は綾香との不倫の話をしたのですが、郡司は麻帆との関係だと勘違いしています。

郡司は麻帆に転院の話をしましたが、郡司と会わせないための藤巻の策略だと感じた麻帆は、転院を拒否してしまいました。

しかし、病室の外で藤巻は一部始終の会話を聞いてたのです。

それに気付いた麻帆は藤巻を病室に招き入れ、入院する前から郡司と付き合っていたことを謝罪し、離婚届を取り出しました。

離婚届を受け取った藤巻は、病室から飛び出して病内を絶叫して走り回ります。

その後、郡司が麻帆の病室から出ましたが、その様子を見ていた綾香。

綾香はその足で白鳥の理事長室へ行き、「郡司先生があなたを殺そうとしています」と密告したのです。

自分が郡司を殺すので毒をくださいと要求し、さもなくば「私の知っている事実をすべて公表します」と白鳥に詰め寄りました。

それを聞いた白鳥は、デスクの引き出しからギフトを取り出して手渡します。

綾香は麻帆と親しそうにする郡司を睨んでいましたし、2人の関係には前から気づいていますね。

でも、これで殺そうとするなんて女の嫉妬は怖いです。

その後、研究室で放心状態だった藤巻に着信が。

電話に出ると相手は綾香で、「藤巻先生、悔しかったですよね。私も同じ気持ちなので復讐します」と告げました。

危機を感じた藤巻は慌てて郡司の元へ向かい、水を飲もうとしていた郡司を引き留めます。

綾香がギフトで郡司を狙っていると伝えますが、狙いが麻帆だと気付いた郡司は慌てて飛び出しました。

入院患者への配膳をしていた綾香は、コップの水にギフトを投入して麻帆に手渡します。

食前の薬を飲むために、麻帆はコップの水を口に含みました。

麻帆の病室へ走っていく藤巻と郡司でしたが、その様子をあざ笑いながら見ている綾香。

しかし、背後から白鳥が近づき、綾香に注射器でギフトを注入したのです。

実は、白鳥が綾香に渡したギフトは偽物で、情報を知りすぎた綾香は消されてしまったんですね。

これには驚きましたね。

綾香は郡司を狙うと思っていましたが、実は麻帆を狙っていました。

しかし、綾香のギフトは偽物で逆に殺されてしまうと。

裏切りに次ぐ裏切りで、思いもよらない展開になっていきます。

胸を押さえて倒れた綾香に対し、白鳥は白々しく心臓マッサージを開始。

藤巻と郡司も駆けつけて、郡司が人工呼吸を行います。

さらに、警察の神林も駆けつけてカオス状態になったのでした。

翌朝、病院に出勤した白鳥のもとに神林がやってきて、綾香の行政解剖の結果で異常は見られなかったと報告。

それから、「あなたが殺したんですね」と告げました。

もちろん白鳥は認めることはなく、「琴葉さんのオペをどうしますか?」と言い残して去っていきます。

一方、病院の屋上で黄昏れる郡司の元へやって来た藤巻は、白鳥への復讐は辞めましょうと提案。

それに対し郡司は「真相を教えてやる」と、藤巻を理事長室へ連れていきました。

そこにいたのは、白鳥を中心に本坊と杏梨、そして穂希の姿。

薄ら笑いを浮かべた白鳥は、「ここからギフトの新たなステージが始まります」と話し始め・・・。

ネタバレとしては、全ては白鳥の手のひらの上の出来事だったということでしょうか。

郡司や本坊、杏梨たちは白鳥の指示で動いていましたし、その場に穂希の姿もありました。

現時点では穂希もグルなのか微妙な所ですが、藤巻に隠し事をしてギフトの培養を手伝っていたのは事実です。

最初にギフトを作った人間は誰なのか、そろそろ正体が明らかになりそうですね。

 

グレイトギフト第6話のあらすじ・ネタバレ

第5話のあらすじとネタバレを紹介していきます。

 

あらすじ

白鳥の理事長室へ呼ばれた藤巻は、そこに本坊や杏梨、穂希の姿を確認し全員がグルだったことを知りました。

しかし、穂希はグルではなく、藤巻の培養に参加していたことを郡司にバラされ、白鳥から呼び出されていたのです。

郡司は白鳥を裏切ってはおらず、裏切ったフリをして藤巻を騙していました。

白鳥は藤巻の忠誠心を試すために、郡司の裏切りを自分に報告するかどうかを見ていたのです。

藤巻に失望した白鳥は麻帆にギフトを送ると脅迫しますが、離婚を切り出されていた藤巻に怖いものはありません。

これからはギフトを作るかわりに、法外な金をよこせと白鳥に要求します。

 医学系大学連合会議の議長選に必要な裏金を作るために、杏梨のルートで密売しようとしていた白鳥は、その収益の一部を藤巻に渡すように約束。

こうして、白鳥をトップとするギフトの密売組織が誕生したのでした。

しかし、藤巻は白鳥の手下になったのではなく、仲間になったフリをして穂希とともに逆襲を計画します。

その夜、藤巻は病院の検査室に警察の神林を呼び出し、ギフトを見せて事件の全貌を話しました。

藤巻と穂希、神林が結託して、白鳥を追い詰めるために動き出すことに・・・。

あらすじとしては、今まで利用されるだけだった藤巻が、ようやく逆襲のために行動するということですね。

もう麻帆を人質に取られることはありませんし、守るものが無くなったために自由に行動できます。

ここからどんな反撃をするのかが楽しみです。

 

ネタバレ

藤巻から情報を聞いた神林は、鶴下の死因を確認しますが何も発見されません。

一方、藤巻の研究室では、穂希が2つの盗聴器を発見しますが、気付かないフリをして筆談で会話することになります。

藤巻と神林は、アルカナムでギフトの取引をする際に白鳥を取り押さえる計画を立てますが、白鳥が参加しないことを知って焦る藤巻。

その頃、神林の娘の琴葉の容態が悪化して早急にオペが必要になり・・・。

白鳥なしでは琴葉のオペができないため計画を先延ばしにしようと藤巻は提案しますが、神林は殺人は見逃せないと主張し、翌日の取引で白鳥を確保することにしました。

なんとか白鳥を取引に参加させるために、藤巻は研究室の盗聴器を持って理事長室へ行き、「あなたが私を信用していないように、私もあなたを信用できない!」と難癖をつけます。

そして、明日の取引で自分だけが警察に売られるリスクを避けるために、白鳥にも取引に参加するように求めました。

取引の直前、藤巻と穂希は神林と落ち合いますが、神林からギフトの取引だけでは殺人容疑は適用できないと言われてしまいます。

白鳥から”殺人をほのめかすような発言”を引き出してほしいと神林に告げられ、藤巻と穂希はボイスレコーダーで白鳥の会話を録音することに。

アルカナムの個室に入った白鳥と郡司、本坊、藤巻と穂希の5人は、しばらく席に座って待っていました。

その際に藤巻は、以前にアルカナムで郡司が取引相手を殺した事に触れ、「あれは白鳥理事長の指示ですか?」と誘導尋問を仕掛けますが、杏梨が入ってきて言葉を引き出せません。

すぐに取引が始まり、藤巻が5本のギフトを取り出すと郡司が中身を本物かどうか確認し、杏梨が現金5,000万円を受け渡しました。

取引が終わってしまうことに焦った藤巻は、白鳥に「今後ギフトがどのように使われるのかご存知ですか?」と質問。

杏梨が代わりに「外交官を経由して海外で使用されます」と答えたところ、藤巻は「寿命が倍になるギフトの変異株が見つかりそのデータが欲しい」と嘘を付きました。

「海外だとデータが取れないので現在の変異株は国内で使って欲しい」と提案し、白鳥に「消して欲しい人間はいますか?」と聞きます。

すると白鳥はスマホを取り出し、全国医学系大学連合会議の専務理事の写真を見せました。

藤巻は「この方を殺しても構わないということですか?」と念を押すと、白鳥はまっすぐ目を見て「えぇ、殺してください」とはっきりと明言したのです。

その直後、警察の神林が部屋に入ってきて藤巻は勝利を確信しますが、なんと神林も白鳥の仲間で警察の捜査などしていませんでした。

「お前は一生、私には勝てない」と言い残し白鳥たちは部屋を出ていき、藤巻と穂希はうなだれます。

翌日、病院で神林に会った藤巻は、「娘を人質に脅されたんですね」と尋ねると、「私が自分から白鳥先生に伝えました」との回答。

神林は娘の手術のために白鳥が必要だったため、自分から白鳥の手下になったのでした。

さらに、「今後は白鳥先生を私が全力で守ります」と、藤巻に対して宣戦布告までしてきたのです。

それを聞いた藤巻は、これから娘のために多くの殺人に加担することになる神林に対して、「辛くなったらいつでも相談してください」と優しい言葉をかけました。

藤巻が立ち去った後、神林は声を押し殺して号泣。

自分の研究室に戻った藤巻は、待ち構えていた白鳥から「来週までに5本のギフトをお願いします」と念を押されました。

もう逃げられないと悟った藤巻は、「もういっそのこと殺してください」と懇願し、もう一つの盗聴器も知っていますと2つ目の盗聴器を白鳥に見せつけます。

しかし、それを見た白鳥は動揺し、自分が仕掛けたものではないと言いました。

その直後、藤巻のスマホに非通知で着信があり、「アルカナムでの取引を即刻中止してください。従わなければ病院内の患者にギフトを送ります。」などと、ギフトを作った真犯人からの電話が。

白鳥は「脅しには屈しない」と返答しますが、真犯人は病室の番号を告げて「オクトセブンの力を御覧ください」と告げます。

慌てて病室へ向かった2人でしたが、その患者は昨夜亡くなっており遺体安置室には首筋に黒いシミのある遺体が・・・。

ネタバレとしては、ようやく反撃に転じた藤巻でしたが、仲間と思っていた神林に裏切られてしまったということです。

すべての人間から裏切られている藤巻は、お人好しというか本当に運がない男ですね。

ただ、ようやく真犯人からコンタクトがあり、白鳥が黒幕ではないことが判明しました。

ギフトは「オクトセブン」という名称だったんですね。

物語の後半になって真相に迫っていくので、これからの展開が楽しみです。

 

グレイトギフト最終回の結末!球菌を持ち込んだのは病院関係者?

『グレイトギフト』の結末がどの様になるのかは、みなさんが気になることでしょう。

原作なしのオリジナルストーリーですから、現時点で結末は誰にも分かりません。

ここからは、現在出ている情報を元に、最終回の結末を予測したいと思います。

 

藤巻を陥れたい人間の犯行か?

殺人球菌の”ギフト”を最初に発見したのは藤巻達臣(反町隆史)ですが、これは敵が計画していたものかもしれません。

藤巻に”ギフト”を見つけるように仕向け、彼を事件に巻き込もうとした可能性です。

最終的には、連続殺人の容疑者に仕立て上げようとしていたり、藤巻自身の命を狙っているという事も考えられます。

となると、病院関係者で藤巻に近い人物ということになりますね。

 

藤巻の協力者の犯行か?

藤巻が”ギフト”の存在を教えたのは、心臓外科医の白鳥稔(佐々木蔵之介)と久留米穂希(波瑠)で、この2人は藤巻に協力することになります。

仲間として藤巻をサポートしていますが、実際には敵かもしれません。

藤巻の仲間のふりをして監視している可能性もあり、最後までどうなるかわからないですね。

白鳥は医療界のトップに立ちたいという野心があって、実際に邪魔だった理事長の奥野に球菌を飲ませて殺害しました。

現時点では、白鳥が一番怪しいとされている人物です。

また、久留米も何を考えているのかわからない謎の人物で、心のなかでは良からぬ思想を持っている可能性もあります。

 

まとめ

以上、「グレイトギフト最終回結末ネタバレあらすじ!球菌を持ち込んだのは病院関係者?」でした。

グレイトギフトは、殺人球菌を発見したことから事件に巻き込まれている藤巻達臣が主人公で、病院内の権力闘争など人間の黒い欲望なども絡んできます。

球菌を持ち込んだ人物は誰かというミステリー要素があるので、自分で敵を考察するといった楽しみ方ができますね。

原作がないので最終回の結末は分かりませんが、随時あらすじやネタバレを追記していくので、詳細が知りたい人は定期的にチェックしておいてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました