PR

グレイトギフト犯人予想!真犯人や黒幕が誰か考察してみた

グレイトギフト犯人予想! ドラマ

『グレイトギフト』は、黒岩勉さんの脚本によるオリジナルドラマで、とある病理医が新種の殺人球菌を発見したことで、色々な事件に巻き込まれるストーリーです。

球菌が体内に入ると急性心不全で死に至り数時間で自然消滅するため、証拠が残らない完全犯罪が可能になります。

藤巻は連続殺人や派閥闘争などに巻き込まれながら、球菌を持ち込んだ犯人が誰なのかを探すミステリードラマですね。

張り巡らされた伏線や何度も繰り返される裏切りなど、視聴者が振り回される展開なので犯人予想や考察がすごく難しいです。

放送開始からネット上では、黒幕が誰なのか真犯人の考察などで盛り上がっていますね。

そこで今回は、『グレイトギフト』で球菌を持ち込んだ真犯人は誰か、黒幕や犯人予想をしていきます。

 

グレイトギフトの犯人予想!

ネット上では、グレイトギフトを見た視聴者が犯人予想をして大盛りあがりです。

ここからは、現時点で怪しいとされる人物を紹介していきます。

 

白鳥稔(佐々木蔵之介)

明鏡医科大学附属病院・心臓外科の教授であり、オペの執刀数も1位で技術力には定評のある信頼できる医師です。

藤巻の妻である麻帆の主治医となっています。

率先して院内改革を進めて患者のために尽くしてきましたが、理事長選でライバルだった奥野信二に負けて出世ルートから外れてしまいました。

藤巻からギフトの存在を知った白鳥は、理事長の奥野を殺害して自分が理事長の座につきます。

さらに、藤巻の妻を人質として、藤巻を脅してギフトの培養をさせるのでした。

自分の野心のためにギフトを使って邪魔者を消していく悪党ですが、1人目の犠牲者である愛宕前総理の死には関わっていません。

そのため、ギフトを院内に持ち込んだ犯人ではなく、黒幕は別にいると思われますね。

 

伊集院薫(盛山晋太郎)

病理部の医師である伊集院薫は、同僚の藤巻のことを心のなかで見下しています。

執拗に藤巻に絡んでくるので、当初は真犯人なのではと話題になっていましたね。

実際、藤巻に脅迫状を送った犯人でしたが、ギフトを持ち込んだわけではなく、白鳥を脅して金を奪おうとしていただけでした。

白鳥からお茶の中にギフトを仕込まれ、殺害されてしまいます。

というわけで、伊集院は真犯人ではないということが判明しました。

 

郡司博光(津田健次郎)

藤巻と同期で心臓外科医の郡司も、当初からかなり怪しいと言われていました。

藤巻の妻・真帆の担当医で元彼ですが、恋人を藤巻に奪われているため、藤巻に対して恨みを持っている可能性が高いです。

また、白鳥の右腕として色々と尽くしてきましたが、理事長となった白鳥が藤巻を教授に推薦したため嫉妬していました。

第3話では藤巻とタッグを組んで白鳥の犯行を阻止しようとしますが、医学系大学連合会議の副議長の大泉篤(西岡徳馬)をギフトで殺害。

なんと、白鳥とグルだったんですね。

郡司は最初から白鳥派ですし、出世のために白鳥に手を貸したと考えられるでしょう。

序盤の殺人には関与しておらず、球菌を持ち込む動機もないため真犯人である可能性は低いと思われます。

 

奈良茉莉(小野花梨)

藤巻と同じ病理部で検査技師の奈良茉莉は、これまで球菌の存在に気づいておらず、藤巻との絡みもかなり少ないです。

普通に考えると、犯人である可能性は低いと思われます。

ただ、藤巻に近い人物で怪しい行動なども全く無いため、逆に真犯人ではないかと考えられなくもないです。

伊集院と頻繁に食事へ行っていましたし、藤巻がギフトを培養していることを教えたのかもしれません。

先輩の久留米穂希とも仲が良く、病理部全体の動向を把握しているのは茉莉だけです。

そう考えると、黒幕である可能性はゼロではないでしょう。

 

久留米穂希(波留)

病理部の検査技師である久留米穂希は、いち早く藤巻が球菌を培養している事に気づいた人物です。

自分も培養を手伝いたいと志願し、表向きは仲間のように振る舞っています。

ストーリー上は準主役のポジションなので、ネット上では犯人として最有力と言われていますね。

合理的で感情を表に出さず何を考えているかわからず、藤巻の味方のふりをして近くで監視しているのかもしれません。

球菌を持ち込む動機は分かりませんが、生い立ちなどのバックボーンが関係している可能性があります。

 

安曇杏梨(倉科カナ)

会員制クラブ「アルカナム」のオーナーで、1人目の犠牲者である愛宕前総理の愛人です。

愛宕の莫大な遺産を相続することになっており、遺族から愛宕を殺害した疑惑をかけられています。

動機は十分にありますから、愛宕の死に関与している可能性はありますね。

藤巻がアルカナムで飲んでいた際にも、「毒は入っていませんよ」などと挑発しており、何らかの事実を知っているかもしれません。

ただ、ギフトを作るような知識は無いでしょうから、犯人であれば背後に黒幕がいるはずです。

 

グレイトギフトの真犯人や黒幕が誰か考察してみた

これまでネット上で犯人と目される人物を紹介しましたが、いずれも根拠が乏しいため確定的なことは言えません。

また物語の序盤ですから別の登場人物が出るかもしれませんし、判断材料が少なすぎるので判断が難しいですね。

ここからは、当サイトで考察した犯人像を紹介していこうと思います。

 

犯人は巨大組織のメンバーか?

殺人球菌のギフトは、急性心不全を引き起こして死に至らしめ、その後に完全消滅するという新型の球菌です。

こんな物を個人で作れるとは考えられず、何かしらの研究機関が作ったものだと考えられます。

そのため、院内にギフトを持ち込んだ犯人は、その研究機関のメンバーの可能性が高いです。

明鏡医科大学付属病院が舞台となった理由としては、ギフトの人体実験をしやすい環境だからでしょう。

病院であれば多くの患者がいますし、急性心不全で亡くなったとしても不自然では無いですよね。

なので、ある研究機関が病院に刺客を送り込んだという説が濃厚です。

 

2人目の犠牲者(安田勝)はなぜ狙われたのか?

最初の犠牲者である愛宕克己は元総理大臣というVIPなので、遺産相続だったりと狙われる理由がありますよね。

研究機関の情報を知っていて、口封じのために殺されたのかもしれません。

しかし、2人目の犠牲者の安田勝は、居酒屋の店主で普通の一般人です。

彼が狙われた理由が、いまいち分からないんですよね。

居酒屋の客に研究機関の関係者がいてうっかり情報が漏れたなどは、あまり現実的ではありません。

病室に隠しカメラがセットされていたことから、おそらく藤巻にギフトの存在を知らせるためだった可能性があります。

愛宕元総理から採取した球菌は消滅したため、新たな検体を藤巻に入手させる必要があったからです。

藤巻にギフトの存在を知らせれば、球菌を培養してギフトを利用したい人の手に渡り、それを使って連続殺人事件が起きるでしょう。

そうすれば、研究機関が自分の手を汚さずとも、人体実験ができるわけです。

藤巻は事件の黒幕に利用されて、手のひらの上で踊らされているのかもしれません。

 

真犯人は奈良茉莉・鶴下綾香のどちらか?

これまでの考察から、研究機関から明鏡医科大学附属病院に送り込まれたのは、奈良茉莉か鶴下綾香のどちらかだろうと思われます。

奈良茉莉は藤巻と同僚で同じ研究室にいますから、常に藤巻を監視することができる立場です。

藤巻が球菌を培養させて、白鳥に渡していることも把握しやすいでしょう。

現在までに多くの人物にギフトの存在はバレていますが、いまだに奈良茉莉はギフトに関与してこないのも逆に怪しいです。

また、鶴下綾香もかなり犯人に近いと思われますね。

看護師長という立場ですから、すべての病室へ行くことができますし、患者とのコンタクトも容易です。

藤巻から「急性心不全で亡くなった患者がいたら教えてくれ」と言われているように、病内で亡くなった人すべてを把握しています。

ギフトの人体実験が目的であれば、これほど好都合な人物はいないでしょう。

ということで、奈良茉莉か鶴下綾香のどちらかが黒幕であると考えます。

 

【2/16追記】鶴下綾香の死亡、久留米穂希と白鳥との関係

グレイトギフト第5話にて、衝撃の展開になりましたね。

まずは郡司が白鳥を裏切って、藤巻と本坊を手下にして白鳥を潰す計画を立てました。

しかし、藤巻と本坊、穂希の3人は協力して郡司の脅迫を試みますが、その矢先に郡司の愛人である鶴下綾香が白鳥に殺害されてしまいます。

それから第5話のラストでは、郡司と本坊、杏梨、そして穂希までが白鳥とグルだったことが発覚しました。

全ては白鳥の手のひらの上の出来事で、藤巻は踊らされていただけなんですね。

ギフトを持ち込んだ真犯人は、一体誰なのでしょうか?

綾香は殺されましたが白鳥側の人間ではなかったですし、最初にギフトを持ち込んだ犯人である可能性はあります。

ただ、第5話の次回予告では真犯人から電話があったため、綾香は無関係と思われますね。

穂希も白鳥側の人間でしたが、具体的にどこまで白鳥の犯行に関与しているかは分かりません。

白鳥の仲間のふりをして、ギフトの人体実験を監視している可能性もあります。

となると、未だに事件に関与していない奈良茉莉は、ますます怪しくなってきましたね。

物語は後半戦に入りましたし、真犯人もコンタクトを取ってくるので大きな展開があるはずです。

グレイトギフトの詳しいストーリーは、以下のページで紹介しています。

 

【2/23追記】神林も白鳥の手下に!盗聴器を仕掛けたのは誰か?

第6話では藤巻と穂希、神林が協力して白鳥の逮捕を計画しますが、なんと神林も白鳥の仲間になっていて裏切られることに。

そしてラストでは、藤巻の研究室に白鳥も知らない盗聴器が発覚し、真犯人からの電話もかかってきましたね。

真犯人からの要求は、「アルカナムでの取引を中止すること」でしたが、理由はなぜなのでしょうか?

これはおそらく、アルカナムでギフトを取引すると、海外で使われてしまうために実験データが得られないからだと思われます。

新種の殺人球菌の人体実験をしていると仮定すれば、目の届く範囲でやってもらわないと困りますからね。

では、藤巻の研究室に盗聴器を仕掛けたのは誰でしょうか?

研究室には鍵がかかっていますし、自由に入れるのは藤巻と穂希と、合鍵を持っている本坊だけです。

奈良茉莉も何度か入ってきましたが、藤巻がいる時だけなので盗聴器を仕掛けるのは難しいかなと思われます。

となると穂希なのか、本坊が白鳥を裏切っているのか、いずれかになるかもしれません。

ただ、杏梨がなぜ白鳥に協力しているのかが謎なんですよね。

「強い男が好き」と公言しているので、権力のある白鳥に惹かれているのかもしれませんが、あまりにも謎が多すぎる人物です。

杏梨が本坊に頼んで盗聴器を2つ仕掛けることもできますし、真犯人である可能性もありえるでしょう。

そういうわけで、現時点では杏梨が最有力、時点で茉莉が怪しいと思いますね。

 

まとめ

以上、「グレイトギフト犯人予想!真犯人や黒幕が誰か考察してみた」でした。

グレイトギフトは、正体不明の殺人球菌によって病院内で連続殺人事件が起こり、病院内の権力闘争なども絡んでくる本格ミステリードラマです。

ネット上では犯人予想が行われ、怪しい登場人物がいないか色々と考察されていますね。

連続殺人をしている白鳥たちとは別に、ギフトを持ち込んだ黒幕がいるところが、このドラマの面白いポイントです。

真犯人は一体誰なのか、これからの展開がすごく楽しみですね!

グレイトギフトの関連記事は、以下のページでも解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました